食戟のソーマネタバレあらすじ311話「創真と母親の思い出」

食戟のソーマネタバレあらすじ311話「」
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2019年5月20日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『食戟のソーマ』最新話311話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

前回310話では、創真が作った『今までにない皿』がチャーハンだということが明らかになり、いざ実食となりました。

バカにしていた審査員たちも、一口食べると箸が止まらない美味しさとなっていました。

創真は五大料理を一度作った後、それぞれの良いところを抽出し、見事な味の調和のとれたチャーハンに仕上げていたのです。

そして創真はこのチャーハンを、特等執行官である真凪にも勧めますが、口にする気はないようです。

一体ジャッジの行方はどうなってしまうのでしょうか?

最新話の311話では、このチャーハンが創真と母の思い出の味である、と知った真凪が一口実食するのではないかと思います。

そして真凪が口にした一言とは・・・?

それでは早速、2019年5月20日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『食戟のソーマ』最新話311話のネタバレ・あらすじ・感想を最後までしっかりとご覧ください!

関連記事:食戟のソーマ最新刊32巻発売日は?アニメ4期の放送日いつから?


真凪がチャーハンを食べた後、どんな反応をするのか楽しみです!

朝陽を超えるおさずけとなるのでしょうか?


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

 

創真の皿はなんとチャーハンだった!!

いよいよ創真の料理の実食のときを迎えました。

その料理とは・・・なんとチャーハン!!

創真は、五大料理を作った上でそれをチャーハンにしてみせたのです。

定食屋にとっては定番メニュー。

しかし、朝陽だけはこの皿を見て、ただのチャーハンではないと感じ取っていました。

 

ただのチャーハンではない!これが世界にひとつだけの皿!!

チャーハンなんて、とバカにしていた審査員も、最初の一口を食した後はスプーンが止まらない様です。

創真は、中華料理のトンポーローの豚肉に短時間で味を染み込ませようと炭酸水を使用。

そして、イタリア料理はアクアパッツアの魚介の身をほぐして具にしました。

インド料理のポリヤルに使ったインゲンは細かくしたココナッツ、唐辛子、マスタードシードで炒めたものです。

さらに、フランス料理に使うミルポワで、野菜の甘みも加えています。

それだけではなく、米にもひと工夫を。

こちらはバターで炒めた後出汁で炊き上げるというトルコ料理でキメていました。

これで、見事なまでに五大料理すべての要素がまとまった唯一無二のチャーハンが完成したのです。

 

創真に託された未来!

少しでもバランスを間違えるとおかしな味になってしまうところを、創真の腕で見事にまとめあげていました。

審査員は例えて言うならば、朝陽を『冒険の勇者の風格』、創真を『野望のために平和をかき乱す魔王』と正反対の料理だと表現しました。

その頃、葉山は潤と創真の話をしていました。

実は、葉山もこのBLUEにノミネートされていたのです。

それは美作も同じでした。

「格上相手に挑むって時・・・誰だって気負ったり委縮したりする。

でも幸平は・・・敵わねぇな・・・」

と葉山は言います。

葉山は自分たち世代の大将である創真に料理トーナメントの勝利を託しました。

そして、創真は見物していた特等執行官、薙切真凪にも自分のチャーハンをすすめます。

真凪はどうして食べる必要があるのだと顔色一つ変えずに突き放しますが、創真は優しい顔で言いました。

「このチャーハンってメニューはね・・・俺と母ちゃんの思い出の料理なんすよ」

 

感想

創真の皿が実食されましたね!

定食屋メニューになりそうだとは感じていましたが、まさかチャーハンで来るとは意外でしたね!

本当に朝陽とは対照的です。

そして、このチャーハンという料理は、創真と母との思い出の味だということも分かりました。

五大料理が見事に調和したチャーハン、次回はいよいよ真凪の実食です!


スポンサーリンク



311話『母との思い出』

 

創真が作り上げたのは・・・チャーハン!!

創真の皿の内容が明らかになりましたね。

一度、五大料理を作って一つにまとめる、とのことでしたので、スプーンにその料理を盛り付けて楽しめる様にしたり・・・などと勝手に考えていたのですが、まさかチャーハンになって出てくるとは意外でした!

少しでも配合を間違えてしまったらおかしなことになりそうなこのお題。

チャーハンなら何となく失敗がない様な気もしますね。

五大料理のそれぞれの良いところを寄せ集め、見事に審査員の箸が止まらないチャーハンに仕上げました。

ゆきひらと遠月で培った腕はさすがのものですね!

  • 中華 トンポーロー
  • イタリア アクアパッツア
  • インド ポリヤルのインゲン
  • フランス ミルポワ
  • トルコ料理 米をバターで炒め、出汁で炊く(ピラフ?)

インド料理のスパイスが効いた一品になっているのではないでしょうか?

これは食欲そそりますね!!

 

遠月メンバーもノミネートされていた?!

今回のBLUEには、実は葉山と美作もノミネートされていたんですね。

ここにきて遠月メンバーのすごさに改めて気づかされました。

しかし二人とも辞退している、というのは創真にはかなわない、トップの座は自分たち世代の大将に譲る、と割り切ったから。

これで、創真は一席としての風格も身につけそうですね。

会場ではえりなや父・城一郎も見守っていますが、一体何を思うでしょうね?

城一郎は創真がやってくれると思っていたと思いますが、えりなは・・・?

自分や母を救ってくれるのは創真かもしれない、と考え直しているかもしれません。

このチャーハンの味が薙切家を変える一皿になるのか、311話は本当に目が離せませんね!

 

創真に負けフラグ?!

自分が作ったチャーハンを真凪に勧める創真。

特等執行官である真凪が食べてジャッジしないことには勝敗はつきませんからね。

しかし真凪は、「どうして食べる必要がある?」と一向に口にしようとはしません。

朝陽の皿には手をつけていましたよね?

それなのに、創真の皿には手をつけない、というのはどうしてなのでしょうか?

もう真凪には見ただけでその味が分かっている、ということ?

それならどうして朝陽の皿には手をつけたのでしょうか?

この様子を見ると、創真に負けフラグか?と思ってしまいますが、311話で真凪はこのチャーハンを食べるでしょうか?

注目です!


どうして真凪がチャーハンを口にしないのか?

創真の料理など食べる価値もない、と考えていそうな感じですが、心はもう朝陽の勝利を決めているのでしょうか?

 

311話では創真の母の素性が明らかになる?!

 

チャーハンは創真が幼い頃に食べていた思い出の味だった!

創真は今回作ったチャーハンを、自分と母親との思い出の味だと言っていました。

創真の母とは、一体どんな人物なのでしょうか?

父である城一郎が挫折して遠月を去った後に出会ったのか、元々遠月の学生だったのか・・・?

そしてすでに母はなくなっているということは分かっています。

しかし、それ以上の情報は今のところ明らかになっていません。

311話以降でこのあたりは明らかになることと思いますが、創真が『思い出の味』だと言っていることから「ゆきひら」で幼少期を共に過ごしたことは間違いありません。

そして、おそらくここでよくお母さんが創真に作って食べさせていたのがチャーハンだということなのではないでしょうか?

読者の涙を誘う展開が予想される311話。

必ず読みましょう!!

関連記事:食戟のソーマ最新話312話ネタバレ確定「香らないチャーハンの秘密」


スポンサーリンク



最近の読者の感想・考察

 

少年ジャンプ作品の最新刊を無料で読むには?

少年ジャンプ愛好家

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアなど電子書籍アプリの古株もありますが、

今私が1番オススメするのが、U-NEXT BookPlaceになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も全巻揃っていますよ!

食戟のソーマ 273話

あなたの好きな漫画のアニメなんかも観れちゃいますよ!

食戟のソーマ 273話

今なら31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH31年5月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

まとめ

2019年5月20日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『食戟のソーマ』最新話311話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介してきましたが、みなさんいかがでしたか?

創真が作ったチャーハンに対して、まだ何のおはだけも起きていないようですが、果たして朝陽に勝つことはできるのでしょうか?

311話の展開に目が離せませんね!

スポンサーリンク