ハイキューネタバレあらすじ348話「田中のシンクロ攻撃の効果」

ハイキューネタバレあらすじ348話「田中のシンクロ攻撃の効果」
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2019年5月13日発売の週刊ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話348話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

前回347話では、第2セットがスタートし、ベンチでは菅原が流れが変わるようにと願っていました。

鴎台のサーブからのレシーブを田中がシンクロ攻撃で決めるなど、出だしは好調です。

そして、鴎台の最強ローテの配置に変わると、日向はどうしたらブロックをかわせるか思考を巡らせていました。

日向はセンターからライトの端まで走っていき、スパイク!!

これがきれいに決まり、日向は次でも同じ攻撃をしようとしますが、そこに影山のツーアタックが!

自分が打つ流れだと思われていたからこその影山の攻撃。

鴎台側では昼神と白馬が日向を好きにはさせない、と見下ろしていました。

最新話の348話では、烏野の自由な攻撃にも対応できる、と昼神と白馬が本領を発揮しそうです。

どんな攻撃も止めてみせるとする鴎台、どうにかかわしていこうとする烏野。

両校の攻防は手に汗握るものがあります!

それでは早速、2019年5月13日発売の週刊ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話348話のネタバレ・あらすじ・感想を最後までしっかりとご覧ください!

関連記事:ハイキュー最新刊35巻発売日いつ?アニメ4期放送日いつから?


日向のライト端からのスパイクが冴えていましたね!

348話もコートを駆け回る攻撃体制になるのでしょうか?


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

 

烏野側へ空気を変える!

菅原は1セット目が終わった後、悩んでいました。

疲れているけれどもみんな動けているが、どうやったらここから抜け出せるのだろうか。

空気が変わるように、と2セット目が始まるのをベンチから見守ります。

試合は影山のサーブからスタート、星海のレシーブが少し乱れます!

セッターの諏訪が白馬を使い、バックアタックがブロックアウトで決まりました。

烏野 0-1 鴎台

鴎台のサーブを沢村がきちんとレシーブし、田中がシンクロ攻撃を決めます!

烏養コーチがガッツポーズしています。

続いて田中がサーブし、ネットインします。

レシーブが乱れますが、アンダーハンドのトスで星海へ渡り、これを決めます。

烏野 1-2 鴎台

 

最強攻撃ローテ、始動!

烏野 3-3 鴎台

ここで、心配されたローテの配置になりました。

前衛、烏野側は東峰、日向、影山。

鴎台側は白馬、昼神、星海。

澤村のサーブは弱めに前へ落ち、白馬がレシーブします。

諏訪が星海にスパイクさせ、それを西谷がナイスレシーブします。

高さ、はやさ、数、後は、幅。

日向はブロックをどうしたら外せるのか考えていたようです。

日向はセンターからライトの端まで走っていき、スパイクを決めました!

烏養コーチ、のガッツポーズが見られました!

デディケート・シフトではこの移動攻撃には対応できません。

昼神は星海に、これからこの攻撃が増えそうだと言います。

星海「だろうな、しんど。」

烏野 4-3 鴎台

 

烏野のフレキシブル攻撃パターン!!

続いて星海のサーブ。

鴎台、前衛には昼神、白馬、野沢。

星海の強烈なサーブをは西谷に飛んでいきますが、西谷はそれを上げます。

日向はもう一度ライト方向へ走りますが、影山がツーアタックを決めていきます!

烏野 5-4 鴎台

日向は不満そうな顔をしているのに対し、影山はイラッと

「だからだろうが。」

ネットの向こうでは、白馬と昼神が日向を上からにらんでいました。

 

感想

面白くなってきましたね!

第1セットより、格段に面白いです。

鴎台のデディケート・シフトでも日向の移動攻撃には対応できませんか。

日向もよく考えましたね。

格段に成長してきているようです。

最後の自分だ、と思っていたところでの影山の攻撃に不満そうでしたが、ここで日向だとパターン化して鴎台に慣れてしまわれますので、正解でしたね。

影山のセンスが光ります。


スポンサーリンク



348話『変幻自在の攻撃』

 

田中のシンクロ攻撃が冴える!

鴎台の流れのまま、第1セット目を落とした烏野。

菅原もベンチから心配しています。

どうにか流れを変えなければ。

そして田中のシンクロ攻撃。

決まったときの烏養コーチ小さめガッツポーズがかわいいですね。笑

そして、これが決まって得点となりますが、もしかしたらこれくらいは鴎台の予想の範囲内で、肝心なのは最強ローテになってから、という感じかなと思います。

少しの失点は眼中にない、くらいに考えているのかもしれません。

 

鴎台最強ローテには日向の移動攻撃!!

次に懸念していた最強ローテの配置になると、烏野側の前衛には東峰、日向、影山。

そして鴎台側には白馬、昼神、星海の配置となりました。

鴎台のこのメンツはちょっと怖いくらいですね。

この2m越えのブロックをどう外すのか、それが日向にとって最大の課題です。

そして、日向はセンターからライトの端っこまで走っていき、スパイクを決めますが、対応する幅が広ければ相手もついてこられない、という判断なんでしょうね。

日向の考えた通り、まさか端っこから決めてくるとは思わなかった?!かは分かりませんが、鴎台は対応しきれませんでした。

日向は第2セットでこの攻撃を多用するつもりかもしれませんが、あまり頻繁に使ってしまうと鴎台が対応できてしまいそうですので、ほどほどにしておいた方がいいでしょう。

 

第2セット目は烏野側が優勢か?!

日向の幅のあるスパイク攻撃を見て、これからこの攻撃が増えそうだとする昼神と星海。

星海が「しんど。」と言っているように、この攻撃に対応していこうとすると、かなり体力を消耗してしまうのでしょう。

ブロックもそれに合わせて端っこに移動しなければいけないでしょうし、1枚では破られてしまうと思います。

そうなると、最低2枚対応で日向がセンターから移動するのを見計らってブロックも移動しなければいけませんよね。

かと思えば違う攻撃になる可能性もありますから。

心身ともに消耗してしまいそうです。

鴎台側としては、いかに烏野のパターンを掴んでいくか、ということに尽きてくるのではないでしょうか。

日向の移動攻撃か、影山のツーか。

さらに違う攻撃パターンも出てくるかもしれません。

鴎台が翻弄される第2セットになるかもしれませんね。


烏野がいろんな攻撃パターンで第2セットを取りきるか、鴎台が阻止しきるのか。

ますます目が離せませんよ!

 

348話で注目されるのは、影山の動き!

 

影山のツーで日向を阻止!!

日向は最初の移動攻撃が成功したことでこれだ!と感じたのか、2回目もセンターからライト方向へ走って決めようとしました。

それを阻止するかのように、影山がツーアタックを決めていきます。

これには日向も自分が打つ空気じゃなかった?と不満気でしたが、影山にしてみれば「だからこそ、ここは俺が打つ」とイラっとしたようです。

実際、これでよかったんでしょうね。

ここでも日向が打っていたら、もしかしたらブロック対応されていたかもしれません。

この試合では、攻撃のワンパターン化が一番の命取りになるでしょうからね。

最後のシーンでは、昼神と白馬が怖い顔をしてネット越しに日向を見下ろしています。

日向がチョロチョロしても動じなさそうなこの二人。

何か対策があるのでしょうか?

関連記事:ハイキューネタバレあらすじ349話「第2セットは日向潰し」


スポンサーリンク



最近の読者の感想・考察

 

少年ジャンプ作品の最新刊を無料で読むには?

少年ジャンプ愛好家

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアなど電子書籍アプリの古株もありますが、

今私が1番オススメするのが、U-NEXT BookPlaceになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も全巻揃っていますよ!

ハイキュー ネタバレ 308

あなたの好きな漫画のアニメなんかも観れちゃいますよ!

ハイキュー ネタバレ 308

今なら31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH31年5月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

まとめ

2019年5月13日発売の週刊ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話348話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介してきましたがみなさんいかがでしたか?

日向の移動攻撃、影山のツーアタック。

348話では、どんな攻撃が見られるのでしょうか?

スポンサーリンク