食戟のソーマネタバレあらすじ303話「朝陽VS田所の食戟開始」

食戟のソーマネタバレあらすじ303話「」
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2019年3月18日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『食戟のソーマ』最新話303話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

前回302話では、タクミとの食戟に勝利したえりなを口説く朝陽。

その姿を見て、田所は怒り食戟に勝ったらえりなから手を引くように挑戦状を叩きつけます。

しかしそのための条件として朝陽は、自分のところまで勝ち上がってきたらな、として次の相手に煌嘴汪をあてがいます。

暗殺一族の血を引く煌嘴汪を相手に圧勝する田所。

次の相手は朝陽となりますが・・・?

最新話の303話では、自分の本当の力を理解してもらうためのショーを始めるとして、モナールカの包丁と煌嘴汪のカギ爪を利用して食戟に挑む朝陽。

迎え討つ田所の作戦はホスピタリティ全開料理でしょうか?

それでは早速、2019年3月18日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『食戟のソーマ』最新話303話のネタバレ・あらすじ・感想を最後までしっかりとご覧ください!

関連記事:食戟のソーマ最新刊32巻発売日は?アニメ4期の放送日いつから?


302話は田所回となりましたね!

3-0で煌嘴汪をあっさり倒してしまうところに成長を感じます!!

 


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

 

朝陽を止める!田所の願い

えりながタクミとの料理対決に圧勝した後、朝陽がえりなを口説き落とそうとしているのを見て、田所は怒り心頭でした。

そんな田所に気がついた朝陽は、立ち聞きをしてる子がいるぞとあまり気にしていない様子。

田所は、えりなに何を話したか聞きますが、朝陽はプライベートのことを話す気はないと言います。

そんな朝陽に田所は食戟を迫ります。

田所の真意は、えりなを悲しませないよう、朝陽の企みを止めるところにありました。

私が勝ったらもう薙切さんに言い寄るのはやめてください。

この条件をのむのは、田所がトーナメントで自分がいるところまで勝ち上がってきたら、の話です。

田所の次の相手はノワール、煌嘴汪でした。

 

暗殺一族の『墨劉爪』が田所に爪を立てる?!

田所の相手である煌嘴汪の指にははカギ爪が。

そのするどい爪で、次々と肉のスジを断っていきます。

カギ爪は『墨劉爪』という名前。

実は、煌家は中国の南北朝時代から続く暗殺を生業とする一族でした。

自然界のあらゆるの有毒成分を用いた暗殺術で、中国史を動かし続けた歴史を持っています。

そしてその稼業は、やがて食材に対する膨大な技術や知識を美食の調理法に活かすことになったのです。

『墨劉爪』こそ、奥義として受け継がれているもの。

5本の爪にはそれぞれ苦味・甘み・酸味・塩み・旨みの五代要素がうまい具合に仕込まれているのです。

その名も『毒物料理』!

そして煌は声高に叫びます。

さあ、敗北の味にひいひいと喚くがいい!

 

ついに田所 VS 朝陽の食戟が!

しかし、ひいひいと喚く羽目になったのは思いのほか煌となりました。

田所は、3-0で勝利を勝ち取ったのです。

そんな田所を朝陽は褒めますが、田所はまだ怒っています。

えりなさんをこれ以上苦しめるつもりなら、私もっと怒っちゃいますからね。

朝陽はここで手に入れた墨劉爪の一本と、田所が以前に倒したことのあるモナールカの包丁を取り出して言います。

この2本のナイフを掛け合わせ、俺のホントの力を理解してもらうためのショーを始めよう……。

 

感想

ついに田所が登場しましたね。

久しぶりすぎて、すでに敗退済みかと思ってしまいました・・・。

久しぶりに出てきたかと思えば、また強そうな相手煌嘴汪との食戟になりましたね。

しかしこの相手、見掛け倒しなのかあっさりと負けてしまうというなんともお粗末な結果に。

次は朝陽と田所との食戟が始まりそうです!

田所がどれだけ成長しているのか、楽しみですね!!


スポンサーリンク



303話『朝陽の本気』

 

えりなを振り向かせようとする朝陽!

タクミとの食戟が終わったえりなのことを、口説き落とそうとする朝陽。

えりなは以前のように笑顔を失ってしまっているようなのに、そこに追い討ちをかけるような朝陽の行動に田所は怒りがおさまらないようですね。

朝陽はえりなに君の望みを叶えられるのは自分だけだと迫りますが、それが何かを知っているということなのでしょうか?

野望いっぱいの朝陽と、えりなの内に秘めている望みというのはかけ離れているような気もしますが、このオラオラ系が彼の持ち味。

勘違いをして自分の野望とえりなのそれを重ねているのかもしれませんね。

えりなの望みとは何なのか?

『神の舌』を超える実力を手に入れ、真の遠月学園の総帥になることなのかな、と予想しますが、そのとき一緒にいたいのは・・・朝陽ではない気がしてなりません。

 

対煌嘴汪戦は朝陽戦の伏線?!

302話では、田所にとって久しぶりの食戟の回となりました。

その相手は、中国史を陰で動かした暗殺一族の末裔、煌嘴汪。

ノワールですね。

現代ではその知識を活かし、闇の料理界でその名を轟かせているようですが、田所の前にひざまづく結果となってしまいましたね。

というか、久しぶりの田所の食戟。

もう少しその中身を丁寧に描いて欲しかった!!

あっさり、はい負け!!では納得しづらいものがありましたね。

303話では、朝陽と田所の食戟となりますので、そのための伏線、とも言えますが。

次の食戟はもっと魅せてくれると思います!

 

田所が敗退?!

田所と煌嘴汪の食戟。

攻撃的な煌嘴汪の調理に対し、今回もホスピタリティあふれる調理をした田所。

料理界の1番を決めるような戦いにおいては田所の様な相手を思いやる心が良しとされるのでしょうね。

味のいいことはもちろんですが、相手を喜ばせる心もそれ以上に大事、ということでしょう。

そして次は朝陽との食戟が待っています。

今回最高のホスピタリティと、朝陽のいろんな猛者の技の集合技。

田所がここで敗退する可能性が高いと思われますが、堪能することにしましょう!


田所が敗退してしまうとすれば、次は創真が出てくるはず!

朝陽を倒してえりなを守ってほしい!

 

303話で注目するのは朝陽の本当の力!

 

朝陽の駆使する技のかけ合わせとは?

朝陽は田所との食戟を前に、サージェに今まで手に入れた包丁の数々を持って来させました。

先ほど手に入れたばかりの煌嘴汪のカギ爪と、包丁コレクションの中から、モナールカが使用していた包丁を取り出します。

この二つを合わせて田所との勝負に挑もうというわけです。

モナールカといえば、ノワール騒ぎが始まったときに温泉街で対戦したノワールですね。

いつの間にかモナの包丁も手に入れていたんですね。笑

そして、自身の本当の力を理解してもらう為のショーを始める、と公言します。

それなら人のアイテムを使うべきではないと思うのですが・・・笑

田所との食戟にどの様な調理を見せるのか?

そこに田所を上回るホスピタリティはあるのか?

注目していきましょう!

関連記事:食戟のソーマネタバレあらすじ304話「朝陽の野望の終着点」


スポンサーリンク



最近の読者の感想・考察

 

少年ジャンプ作品の最新刊を無料で読むには?

少年ジャンプ愛好家

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアなど電子書籍アプリの古株もありますが、

今私が1番オススメするのが、U-NEXT BookPlaceになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も全巻揃っていますよ!

食戟のソーマ 273話

あなたの好きな漫画のアニメなんかも観れちゃいますよ!

食戟のソーマ 273話

今なら31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH31年3月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

まとめ

2019年3月18日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『食戟のソーマ』最新話303話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介してきましたが、みなさんいかがでしたか?

朝陽のところまで勝ち上がってきた田所!

次はいよいよ朝陽との食戟が待っています。

朝陽に対し、もうえりなにちょっかいを出さないと誓わせることができるのか?

スポンサーリンク