ハイキューネタバレあらすじ342話「」

本記事では、2019年3月18日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話342話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

前回の341話では、日向に打たせるかと思わせて田中!にしっかり反応し、ブロックした昼神。

さすがの『不動の昼神』だと周囲の感心をさらいます。

しかし月島は、「個人は しょせん個人」だとして組織力の強さにはかなわないと言います。

そして始まった星海のサーブからの試合。

烏野はテンポを変えようと、『同時多発位置差攻撃』へ。

鴎台は反応するも、得点を許します。

続く日向の攻撃にも3枚ブロックが飛びますが、かすり鴎台のコートに落ちたのを見て、このブロックが単なる偶然ではないことに日向は気がつきます。

最新話の342話では、伊達工級のブロックに警戒しなければいけないとする烏野。

鴎台側も、影山をどう翻弄するか策を練るものと思われます。

それでは早速、2019年3月18日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話342話のネタバレ・あらすじ・感想を最後までしっかりとご覧ください!

関連記事:ハイキュー最新刊35巻発売日いつ?アニメ4期放送日いつから?

 

それぞれの想いを抱えて臨む準々決勝!

月島の語る「訓練された『組織』には敵わない」の真意とは?

鴎台のブロックの質の良さが光ります!

前回の要点まとめ

 

強いブロッカーも組織にはかなわない?!

烏野の次の試合始まってる。

と、観客席のミカは優勝候補を倒したと言って嬉々としています。

それを見ていた優は、ブロックが強いチームは強いのだと笑います。

そして『ブロックの強いチーム』、鴎台は、試合1発目からブロックポイントを取っていました。

菅原は、さすが 『不動の昼神』だと感心していました。

しかし山口は「ツッキーも負けてない」と反論します。

その言葉を聞いた月島は、落ち着きはらって言います。

どのチームにも 凄いブロッカーは居る。

そしてこの試合を画面越しに見ていた伊達工業の二口も同じような考えを持っていました。

でも個人は しょせん個人。

たとえどんな優秀なブロッカーが1人居ても、訓練された『組織』には敵わない。

 

烏野が攻撃で鴎台を翻弄?!

そして星海のサーブによって試合が始まりました。

澤村はそう考え、サーブで崩されないことが重要だとしてそのボールをレシーブで返します。

その上がったボールを横目に、日向は攻撃のなかに紛れていきます。

烏野は『同時多発位置差攻撃』を仕掛けようとしているようでした。

そして昼神は、早速「テンポ」を変えてきた、と警戒します。

日向は自分が打つんだ、と言わんばかりに飛び込んでいきますが、それを利用した影山はトスの方向を変えます。

それに反応した鴎台は、ボールの方向へと手を伸ばしますが間に合わなかったため、ライトから田中の強烈なスパイクがコートの中へin、烏野の得点に。

 

日向のスパイクにブロック3枚!

次のサーブは、鴎台の昼神から。

烏野に落ちてきたボールは、途中で軌道を変えながら伸び、上がって少し乱れてしまいます。

でもこの程度の乱れじゃ、乱したと…言えないんだよな、影山が相手の場合。

と昼神が思った通り、影山はボールをとらえます。

鴎台コートでは、ローテーションで入ってきた1年の別所がその動きを見て考えていました。

思った通り、日向が飛び込んできます。

日向の放ったスパイクに、ブロックが3枚ついてきます。

ブロックの一枚にかするものの、日向のボールは鴎台コートに落ち、得点に。

月島は、コートに入りながら、冷静に分析していました。

鴎台のブロックは 全員が伊達工の青根さんだと思った方がいい。

 

感想

鴎台を翻弄し、烏野に分がありそうだと思わせるような試合展開になっていますね。

しかし、日向のように速攻が強い選手を抱えていても、訓練された『組織』にはかなわない、というのが月島らの見解。

鴎台はその訓練された『組織』なんでしょうね。

この後、怒涛のチームプレーが炸裂しそうな予感がします!

見逃せませんよ!!

342話『チームワーク』

 

『組織力の強さ』はどちらが強い?!

月島と伊達工業の二口が、『チームの強さ』に関して同じような見解を持っていることが分かりました。

「個人は しょせん個人」

「たとえどんな優秀なブロッカーが1人居ても 訓練された『組織』には敵わない」

深いですね〜笑

鴎台は昼神、烏野は月島のことを指していますよね。

昼神は前回嗅覚を研ぎ澄ませてブロックに飛び、得点につなげました。

月島も負けてない、と山口は言いますが、月島本人は鴎台の『組織力の強さ』を冷静に考えているのではないでしょうか?

この後の月島の出方に注目していくと面白いと思いますね!

 

有効な鴎台対策とは?テンポも変えてみる烏野!!

鴎台のブロックの強さに対抗するため、烏野はテンポを変える必要がありました。

それが『同時多発位置差攻撃』という選択につながったわけですね。

日向はオレオレ!と言わんばかりに攻撃に紛れていたところからの前進でしたが、影山としてはそのまま日向にボールを渡すのでは意味がないと思ったのでしょう。

ライトの田中のスパイクによって得点につながりました。

確かに日向としては今絶好調に成長しているところですから活躍したいところ。

でも注目選手としてスポットが当てられている日向にばかりボールを渡すことで、相手の意表をつくことはできなくなってきます。

日向と思わせといて・・・からの・・・、的な攻撃が必要になってくるんですよね。

鴎台をどこまで翻弄することができるのか、期待して見ていきたいと思います!

 

日向の攻撃が読みきられる?!

昼神のサーブは途中で軌道を変えながら伸び、上がって少し乱れました。

しかし、この程度の乱れは影山にとっては乱れではない、とどう対処するべきかを考えているようですね。

その後、入ってきた1年の別所は見るからに日向を警戒しています。

そして予想通りに飛び込んできた日向が放ったスパイクに、ブロックが3枚!

1枚にかすり、しかし烏野の得点になってしまいますが、ここで日向は最初の変人速攻についてきた3枚のブロックが偶然ではなかったことを悟りました。

今回は日向のスパイクの方が力が上回っていたようですが、次はどうでしょうか?

日向の攻撃を次第に読み解き、ガッチリブロックしてくる予感がしています。

ここで日向はどう出るか?

影山は日向ではなく、田中や他のメンバーを使う機会が増えてくるのではないかと思っています。

どこまで攻撃パターンを増やせるかにも注目すべきですね!

 

 

攻撃を読むのが得意な鴎台!

烏野は翻弄するべく、攻撃のバリエーションが必要になってきますね!

342話で注目すべきは鴎台のブロックの質の高さ!!

 

月島の冷静な分析!伊達工の青根がいっぱい?!

最後の日向のスパイクについた3枚のブロックに対し、月島は鴎台のブロックは全員が伊達工の青根だと思った方がいい、と冷静に分析しています。

伊達工の青根といえば、他校のエースを『ロックオン』し、挑発してくる長身とパワーを兼ね備えた2年のMB。

そしてガタイの良さからは想像しがたい敏捷さと反射神経をも持っているトップクラスのブロッカーですね。

『伊達の鉄壁』の中心となる人物ですが、全員が彼だ、というのは青ざめる事実ですね。

鴎台の最後のブロックで、最初のブロックが偶然ついたものではなく、ここにくる、と分かって飛んでいることが 判明しました。

こうなると、鴎台のブロックの上をいく攻撃が常に必要になってくる、ということです。

烏野はこの後誰を中心に攻撃しようと思っているのでしょうか?

私は田中ではないかと思っています。

日向・・・?いや田中!というプレーが数多く見られ、鴎台に食らいつくことを期待します!!

関連記事:ハイキューネタバレあらすじ343話「鴎台のパンチシフトへの対処方法」

最近の読者の感想・考察

 

少年ジャンプ作品の最新刊を無料で読むには?

少年ジャンプ愛好家

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアなど電子書籍アプリの古株もありますが、

今私が1番オススメするのが、U-NEXT BookPlaceになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も全巻揃っていますよ!

ハイキュー ネタバレ 308

あなたの好きな漫画のアニメなんかも観れちゃいますよ!

ハイキュー ネタバレ 308

31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH31年3月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

まとめ

2019年3月18日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話342話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介してきましたが、みなさんいかがでしたか?

昼神が影山にどう対処するのか、そして烏野が鴎台のブロックをどこまでかわしていけるのかに注目する342話になりそうですね!

鴎台のブロック高さや質にも注目ですね!

おすすめの記事