食戟のソーマネタバレあらすじ302話「えりなと真凪の確執」

食戟のソーマネタバレあらすじ302話「」
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2019年3月11日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『食戟のソーマ』最新話302話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

前回301話では、創真たちが天守閣に来たことに気がついていた真凪。

タクミに次にえりなと対戦する、『神の舌』を敗退させよと言います。

試合を始める二人。

あっさりと勝ったえりなは自分に満足できずにイラついているようです。

そんなえりなに朝陽は声をかけますが軽口を叩くのは自分に勝ってからにしろと言われ、えりなの願いを叶えられるのは自分だけだと断言しますが・・・?

最新話の302話では、まだまだ真凪のえりな潰しは止まりそうにありません。

次に当ててくるのは朝陽?それとも創真でしょうか?

意外と田所かもしれませんね!

それでは早速、2019年3月11日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『食戟のソーマ』最新話302話のネタバレ・あらすじ・感想を最後までしっかりとご覧くださいね!

関連記事:食戟のソーマ最新刊32巻発売日は?アニメ4期の放送日いつから?


勝ってもイラつくえりな!

朝陽のえりなの願いを叶えられるという言葉の真意は何なのでしょうか?


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

 

えりなの次の相手はタクミ!

創真たちの気配に気が付いていた真凪は声をかけました。

来客は娘の他にもあったようだ。

えりなは創真たちが来たことに驚きます。

真凪は顔を見せてくれと立ち上がると、ふらっと倒れてしまいます。

栄養が切れてしまったのだとアンに点滴の準備をいいつけます。

国産の点滴は一味違う。

心配する創真に栄養だから心配ないと言い、安静にするために下がらせます。

そしてタクミには、次のえりなとの対戦を示唆する言葉をかけました。

『神の舌』を敗退させよ、私にとっては不要な選手だからな。

 

タクミ VS えりな 試合開始!えりなと母の確執とは?

その二日後、タクミはえりなと試合をすることになりました。

えりなはタクミの連携が気に入っているとして、嫌味の一つも言ってみせます。

「2対1でなくていいのかしら?」

タクミは今回は連携しない、現段階での格上の相手と当たることを楽しんでいるようです。

創真はアンからえりなのことを聞いていました。

実は、真凪もまた『神の舌』の持ち主であり、美食を追求するあまり、味に対して絶望感を覚えたのでした。

次第に食事が喉を通らなくなり、今はほぼ点滴で栄養をとっている状態となっていました。

そして幼い娘のえりなを残し、家を出たのだと言います。

えりなはそんな母親を恨んでいました。

 

えりな余裕の勝利!朝陽がアプローチ?!

調理中のえりなは、険しい表情をしていました。

余裕がなさそうに作った料理でしたが、それを口に運んだ審査員の全員がノックアウトされてしまうという想像通りの展開に。

これが私の実力、と言わんばかりにタクミに料理をすすめます。

タクミは、今のえりなには抗うことはできず屈服させられるのみだとし、勝者はえりなで決まりです。

えりなは自分の作ったソースを舐め、料理をゴミ箱に捨てます。

この皿は、今までになかった味の世界を示す皿とは呼べない。

こんな品で満足していては『神の舌』の名折れなのよ。

その目は冷徹そのものでした。

タクミとの勝負の勝ったえりなに、朝陽は苦しそうに料理してるなと声をかけます。

するとえりなは私に軽口を叩くのは、この神の舌を倒してからにして、と言います。

朝陽は自分もえりなに匹敵する力を持っている、というように言います。

君の願いを叶えてやれるのはこの俺だけなんだぜ?。

 

感想

タクミとえりなの試合ですが、あっさりとカタが付いてしまいました。

もう少ししっかりと描かれるかと思いましたが・・・。

ちょっとしたエピソードになってしまいましたね。

それよりも、301話はえりなと母の確執に重きがおかれた回でした。

決定的な何かがあったわけではなく、日々の美食の追求の中で次第に壊れてしまった結果の決断だったんですね。

いつか分かり合える日が来るのでしょうか?


スポンサーリンク



302話『神の舌』

 

真凪が感じた絶望感とは?

少し立つだけでもふらっとしてしまう、ギリギリの状態の真凪。

栄養のほとんどを点滴でまかなっているのですから無理もありません。

元々は『神の舌』の持ち主であった真凪は、美食を追求した結果、味に対して絶望感を覚え食事ができなくなってしまったということ。

食べても食べても自分の満足できるような美食にはたどり着けなかった、ということでしょうか?

ある程度のところで限界を感じたのでしょうね。

『神の舌』を持つ、というのも幸せなことばかりではないようです。

この能力のせいで、普通の生活が送れないほどに自分が追い込まれてしまったのですから、『神の舌』も相手を選ぶということなのかもしれませんね。

えりなは大丈夫なのでしょうか?

 

えりなと真凪の確執とは?

前回の予想では、真凪は薊とうまくいかなかったので家を出たと思っていましたが、どうやらそういうわけではなく自身の『神の舌』を満足させることができずに絶望し、家族と離れたことが分かりました。

当時まだ幼かったえりなは結果として母を恨むこととなり、現在でも確執があるんですね。

母の味を知らずに育ち、父である薊からは英才教育を受け・・・。

幼いえりなには耐えがたい重圧とさみしさのWパンチだったことでしょう。

そして今も、真凪は『神の舌』を敗退させようと企んでいます。

自分にとって不要、ということですが、自分と同じような異能はもう必要なく、新たな異能を求め、側に置くことで自分を救ってくれると感じているのかもしれません。

 

えりなは母に近づきつつある?!

タクミと戦ったえりな。

自身が調理した品に対し、こんな品で満足していては『神の舌』の名折れだとしてあっさりゴミ箱に捨ててしまいました。

その目は冷たく、何をとらえていたのでしょう。

私の予想では、えりなは少しずつ、でも確実に母の状態に近づきつつあるのではないでしょうか?

零席であるその実力は誰もが認めるものではありますが、自分は自分の腕と味に満足できない。

それどころか、ある種の絶望感を感じてもいるかもしれません。

真凪のように、追い込まれることにならなければいいのですが。

そんなえりなを救うのは、創真か朝陽か?

どちらかが鍵を握っていそうです!


えりなを心配していることは間違いない創真と、えりなを狙っている朝陽!

この二人のえりなをかけた勝負もそろそろ見られそうですね!

 

302話で注目されるのはえりな!その『神の舌』に関する願いが明らかに?!

 

えりなの願いとは何?!

タクミとの勝負を終えたえりなは朝陽に声をかけられますが、反発します。

それに対し朝陽は「君の願いを叶えてやれるのはこの俺だけなんだぜ?」とアプローチともとれる言葉を返します。

この「君の願い」とは一体何なのでしょうか?

えりなの願いとは?

『神の舌』にふさわしい料理の腕前?

とすると、異能者の力を次々と手に入れて強くなっている朝陽は、そのうち完璧料理の腕前を持つ人物になってしまいそうですので、その力とえりなの『神の舌』を合わせて、最強の料理人になれそうですが・・・。

とにかく『神の舌』に関することには違いないはずですので、302話で明らかになることを期待したいと思います!

関連記事:食戟のソーマネタバレあらすじ303話「朝陽VS田所の食戟開始」


スポンサーリンク



最近の読者の感想・考察

 

少年ジャンプ作品の最新刊を無料で読むには?

少年ジャンプ愛好家

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアなど電子書籍アプリの古株もありますが、

今私が1番オススメするのが、U-NEXT BookPlaceになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も全巻揃っていますよ!

食戟のソーマ 273話

あなたの好きな漫画のアニメなんかも観れちゃいますよ!

食戟のソーマ 273話

今なら31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH31年3月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

まとめ

2019年3月11日発売の週刊ジャンプ掲載漫画『食戟のソーマ』最新話302話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介してきましたが、みなさんいかがでしたか?

タクミとの食戟に勝利したえりな。

その味には満足していないようですが、どこまで進化することを求めているのでしょう?

302話で明らかになると思います!

スポンサーリンク