ハイキューネタバレあらすじ340話「」

本記事では、2019年3月4日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話340話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

前回339話では、『元小さな巨人』の宇内天満が見守る中、準々決勝が始まります。

鴎台コートでは、星海が不機嫌そうにしていますが、白馬がかまして欲しいなら俺が、と小さな星海をカバーする発言をします。

ネット際が厳しい戦いになると思われるこの試合、先制点は高いブロックの壁を変人速攻で鮮やかに抜きさった烏野に!

日向が自分にぶつかっても小さくて気がつかなかった白馬に、挨拶がわりの1発をかまします!

最新話の340話では、先制点を取られた鴎台に火が付き、強烈なスパイクがぶち込まれそうです。

それでも勢いのある烏野はひるむことなく対応していくでしょう。

それでは早速、2019年3月4日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話340話のネタバレ・あらすじ・感想を最後までしっかりとご覧ください!

関連記事:ハイキュー最新刊35巻発売日いつ?アニメ4期放送日いつから?

 

164cmの日向と169cmの星海!

小さな巨人対決を制するのはどっちなのでしょうか?

前回の要点まとめ

 

『小さな巨人』が見守る中・・・

『元小さな巨人』こと宇内天満が春高準々決勝を見守っています。

宇内は 『小さな巨人対決』になっていることに驚き、月島と日向が同じMBであることを聞いてまた驚きます。

そんなやり取りをコートから発見した月島。

『元小さな巨人』、宇内がいることを確認いていました。

 

新生鴎台ベスト8の脅威?!

一方、鴎台コートでは、星海が悔しそうに呟いていました。

ここまで来るともう 誰も俺をナメねぇ…。

そのとき突然上から声が。

小さい生き物より 大きい生き物の方が絶対的に優れている!

見上げると、そこには身長203cmの白馬がいました。

星海自身は見下ろされていることを気にしていない様子で、白馬の肩を叩き「そうだな」と一言。

日向は反対側のコートからそんな二人を見て、白鳥がぶつかってきたことを思い出していました。

初日におれにぶつかって 気付きもしなかったあいつだ…!

月島は認識してないものには謝れないといつもの調子でじゃれあっています。

そんな中、武田はボールを拾いながら、烏養による鴎台の情報を思い出していました。

鴎台は、今年のインターハイのベスト8が最高成績。

鳥養は、今の監督になってから練習方法が変わったと言います。

ブロックとサーブに力を入れ出したようで、それが今期の成績に結びついているといいます。

それを聞いて、武田は自分達は優勝候補の稲荷崎を破ったのだから大丈夫と言い聞かせるように言います。

しかし鳥養は、武田の言葉に表情を変えることはありませんでした。

 

巨大な壁を抜く日向!

とうとう宮城県代表・烏野高校VS長野県代表・鴎台高校の試合が始まろうとしています。

コートでは選手が集合し、試合直前のミーティングが行われています。

ネット際負けんなよ!これは激励じゃねえ、条件だ、勝つための条件。

大声で気合を入れると、試合開始のホイッスルが鳴りました。

鴎台キャプテン・諏訪のサーブから。

すると上がったボールに向かって、走り込む日向と影山の姿が見えます。

影山がボールに触れるかどうかのタイミングで、ネット際で飛び上がる日向。

このプレーに鴎台連中が驚く中、武田の最後の言葉が思い出された。

証明してきて下さい、烏野こそ、空中戦の覇者であると。

次の瞬間、飛び上がった日向の手にボールが当たり、強烈なスパイクが!

小柄な160cmながら2mの壁を簡単に抜き去る姿に、会場から大きな歓声が起こります。

そして日向はネット際で、あのとき自分を認識しなかった白鳥に、はっきりと宣戦布告します。

烏野高校1年、日向翔陽です!以後お見知り置きを!

 

感想

自分を見てなかった白鳥に対し、日向は悔しくてしょうがなかったんでしょうね!

見てろ!とばかりに2mのブロックの壁を楽々抜いていきます。

存在感アピールにしては強烈なプレーだったのではないでしょうか?

烏野VS鴎台の試合、激戦になりそうですので楽しみですね!

読み進めるのがもったいない!

 

340話『巨人のプレー』

 

 

もうただのバレー好きではない日向!

初代『小さな巨人』がすでにバレーを辞めていたことについて、日向は

がっかりしてない、と発言しました。

それを聞いた影山は、こう返します。

やっとかよ。

日向にはその真意が分からないようですが、おそらくそれは、もう日向がただの『小さな巨人』を目指していたただのバレー好きではなく、周りも認めるほどの実力を身につけてきている、ということに他ならないでしょう。

その証拠に、テレビ中継で日向が「最小スパイカー対決」の注目選手として紹介されると、会場がどよめきます。

今や、星海と並ぶ注目選手なのです。

この対決を制するのはどちらなのか?

見守っていきましょう。

 

星海が怒り爆発?!

片や鴎台のコートでは、星海が不機嫌そうに怒りをためているような表情をしています。

この準々決勝まできたのだから、もう自分をチビだとナメてる奴は居ないだろう、と一人つぶやいていたのです。

元々、『小さな巨人』候補として注目されてきた選手なのでナメてる奴などいない、とは思うのですが、本人にしてみたらその小柄な体型を気にしているのでしょう。

大きい方が強い、というのが暗黙の了解のような感じですね。

白馬も「小さい生き物より大きい生き物の方が絶対的に優れている!!」と言っていますからね。

しかし、その小さな体から繰り出されるスパイクは想像以上のものがあるはず!

どんなプレーで湧かせてくれるのか、今から楽しみですね!

 

先制点は烏野の変人速攻で決まり!

いよいよ始まった準々決勝。

1点目は、相手の高いブロックを日向が鮮やかに抜いてゲットしました!

これには鴎台チームも驚くしかありません。

そして、自分にぶつかっても気がつかなかった白馬に対し、宣戦布告です。

烏野高校1年、日向翔陽です!以後お見知り置きを!

小柄な星海でさえ、日向より5cm身長が高いため、本当に気がつかなかったのかもしれませんが、小さくて存在が分からないならプレーで見せつけてやる!といった感じでしょうか?

鮮やかな変人速攻は、鴎台チームのメンバーに強烈な印象を残したことでしょう。

この先制点で、鴎台に火が付くか?

 

 

この挨拶がわりの先制点が鴨台にどんな影響を与えるのか楽しみですね!

白馬が怒りそうです!

340話で鍵を握るのは鴎台高校・白馬牙生!

 

鴎台高校WS・白馬牙生とは?

不機嫌だった星海に対して、「貶して欲しいならば俺に言え」と息巻いていた白馬。

小さいものより大きいものの方が優れている、と本気で思っているようなキャラですね。

星海もそれは認めているようですが、203cmの大柄を活かしてWSというポジションで、ということになると、そこから放たれるスパイクは強烈でしょうね。

烏野の先制点で闘争本能に火がつき、340話では勢いのあるプレーが見られそうです。

今のところキャラが明らかになっているのは星海と白馬だけのような気がしますが、残るメンバーの得意も見たいところですね!

鴎台の頭脳はいったい誰?

340話も期待しましょう!

関連記事:ハイキューネタバレあらすじ341話「昼神が烏野の攻撃を阻止」

 

最近の読者の感想・考察

 

少年ジャンプ作品の最新刊を無料で読むには?

少年ジャンプ愛好家

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアなど電子書籍アプリの古株もありますが、

今私が1番オススメするのが、U-NEXT BookPlaceになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も全巻揃っていますよ!

ハイキュー ネタバレ 308

あなたの好きな漫画のアニメなんかも観れちゃいますよ!

ハイキュー ネタバレ 308

31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH31年3月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

まとめ

2019年3月4日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話340話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介してきましたが、みなさんいかがでしたか?

始まった『小さな巨人』決定戦!

勢いのある烏野が駆け抜けるのか?

それとも鴎台がその勢いを止めるか?

楽しみで仕方ありませんね!

おすすめの記事