食戟のソーマネタバレあらすじ293話「サージェのクリスマスケーキ」

食戟のソーマネタバレあらすじ293話「サージェのクリスマスケーキ」
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2018年12月22日発売の週刊ジャンプ掲載漫画『食戟のソーマ』最新話293話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

前回292話では、司、タクミと田所それぞれの異能が魅せられました。

司に至っては、いつもの繊細さとは真逆のような、剣を使ったダイナミックな調理法で周囲を沸かせます。

一方、サージェは創真がここまで勝ち上がってきたことに関して信じられない気持ちとともに、朝陽のいうことが間違っていないことの証明のためにも自分が倒してみせると闘志に満ち溢れているようです。

最新話の293話では、サージェが作ったのは使った武器からは想像もできないほどの繊細なチョコレートケーキ。

絶妙な火加減で爆破されたケーキからは、食べ進めるごとにとろけるような味わいを感じられ、執行官までもうっとりとさせます。

それでは早速、2018年12月22日発売の週刊ジャンプ掲載漫画『食戟のソーマ』最新話293話のネタバレ・あらすじ・感想を最後までしっかりとご覧ください!


司、タクミと田所の異能も今までにない様子で驚きましたね!

サージェの朝陽に対する忠誠心も凄まじいものがありそうです。

朝陽たちのいるところまで行き着くにはもう少し時間がかかりそうですね!

関連記事:食戟のソーマ最新刊32巻発売日は?アニメ4期の放送日いつから?


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

 

剣で肉をおろす?!

会場には、仙右衛門と城一郎の姿がありました。

第3の門まで到達した遠月学園の生徒たち。

サージェ審査のもと、それぞれの異能を見せつける調理を開始していきます。

まず最初は司。

チーズやレモンなどを細かくおろすのに使うグレーターを使って調理していきます。

しかも、長く剣ほどのサイズのグレーターです。

その様子はまるでフェンシング。

突きのように構えて、グレーターで肉の塊をおろしていきます。

 

田所・タクミの異能

そして田所の番。

十傑入りしてから外国で料理の修行をした田所。

単純にその土地の『故郷の味』を学んだ訳ではありません。

和食を食べる習慣のない人にも興味を持ってもらえるよう、料理を『魅せる』ことを勉強したのです。

綺麗な盛り付けや火入れの仕方によって、食欲を沸かせるための術を習得したのでしょう。

これは、田所の『ホスピタリティ』が開花した、と言っても良い結果です。

そしてタクミが取り出したのは、半月包丁のメッザルーナでした。

秋の選抜で美作に奪われたものの創真が取り返しましたが、自分の力で取り戻したいとそのまま創真に預けておいたもの。

メッザルーナを使ったタクミだけの技術を磨き、周囲に見せつけていきます。

 

サージェvs創真

第三の試練から数時間後、大勢の観客に囲まれたバトルフロアの場面。

ここで行われる第一戦は、サージェvs創真。

第三の試練で創真の『何か』を見たサージェは、創真の未知の才能に困惑している様子です。

審査員であるサージェとの戦いは、第三の門のトップを決める戦いと言っても過言ではありません。

果たして創真はどのように勝ち抜こうとするのでしょうか?


スポンサーリンク



293話『創真に対する敵意』

 

創真に対する敵意

サージェは創真が第三の試練を突破したことに戸惑っていました。

才波朝陽が創真のことを『雑魚』だと表現していたのにも関わらずここまで勝ち上がってきたこと、自分が「朝陽様」というほど慕っている朝陽のいうことが間違っていたのかと感じていたからです。

サージェは軍服を着ていることからも分かるように、最高司令官である朝陽に忠誠を誓い、その発言を疑う事など露ほども思っていないようです。

そのため、創真は雑魚でなければならない、自分が倒してみせるのだと、ますます創真への敵意を高めているようです。

 

お題は『最高に美味しいクリスマスケーキ』!!

第一試合のお題は『最高に美味しいクリスマスケーキ』だと発表されました。

現在は8月、という設定のため、季節外れになってしまいますが、それよりも料理のコンクールなのに菓子作りがお題に出されたことに参加者は動揺しているようです。

パティシエでもない創真にとって、菓子づくりは授業で基本を習っただけの素人そのもの。

これはかなり厳しい戦いになりそうですが、両者どのように戦っていくつもりなのでしょうか?

 

サージェの華麗な調理開始!

サージェは戸惑うこともなく、『表の連中と我々ではそこが違う』と言い、またC.C.ナイフを取り出します。

サージェは複雑な金属部品がつけてあるC.C.ナイフを使って、卵白とグラニュー糖で見たこともないようなきめの細かさの美しいメレンゲ生地をつくります。

そして、ストレッジハンマーでチョコレートの塊を一気に粉砕したかと思うと、焼きの作業には起爆装置のようなものを使います。

チェーンソーだけではなく、料理に使えるとは到底思えない武器を使い、「兵装料理」と作っていきます。

観客もサージェのショーのような料理スタイルに大興奮しています。

荒々しい料理スタイルとは正反対に、サージェは繊細かつ美しいケーキをつくり上げます。

その名も『クラスターボムケーキ』。

そのケーキの秘密はパイ生地にねじ込まれた「クラスターチョコチップ」で、砕いたチョコレートをパイ生地にねじ込み、絶妙な火加減で爆破することで、食べ進めるごとに口の中で焼きチョコのような食感と美味さが広がる、というもの。

この味にはWGOの一等執行官もとろけるようになってしまいました。

フランス料理やイタリア料理といった料理の種類だけではなく、お菓子づくりも極めているサージェ。

職種の壁もやすやすと超えていきます。

関連記事:食戟のソーマネタバレあらすじ294話「創真のスプーンの活用方法」


294話では、対する創真の調理が見られそうですね!

どんなショーになるのか、『最高に美味しいクリスマスケーキ』とはどんなものなのか注目せずにはいられませんね!

 

感想

サージェの料理、今回も見事でしたね。

ノワールは求められた料理を極上の形で出すことができなければ、死の可能性もあります。

できないものはないようにしておかないといけなかったのでしょうね。

それにしても、武器を使ってケーキまで焼くとは・・・。

会場の盛り上がりを見ても、ショー的な要素も求められるんですね。

対する創真はどんな方法を使うのか、楽しみです!


スポンサーリンク



最近の読者の感想・考察

 

少年ジャンプ作品の最新刊を無料で読むには?

少年ジャンプ愛好家

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアなど電子書籍アプリの古株もありますが、

今私が1番オススメするのが、U-NEXT BookPlaceになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も全巻揃っていますよ!

食戟のソーマ 273話

あなたの好きな漫画のアニメなんかも観れちゃいますよ!

食戟のソーマ 273話

今なら31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH30年12月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

まとめ

2018年12月22日発売の週刊ジャンプ掲載漫画『食戟のソーマ』最新話293話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介してきましたが、みなさんいかがでしたか?

まさか最終決戦でもないのに、創真とサージェが戦うことになるとは思ってもいませんでした。

この戦いがBLUEにどんな影響を与えるのか、今後の展開が楽しみですね!

それではみなさん、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

食戟のソーマ最新刊31巻発売日いつ?単行本の購入特典はある?

食戟のソーマネタバレあらすじ300話「」

食戟のソーマネタバレあらすじ300話「BLUEの最終決戦開始」

食戟のソーマ 285話

食戟のソーマネタバレあらすじ285話「創真が最後の晩餐に不服な理由」

食戟のソーマネタバレあらすじ301

食戟のソーマネタバレあらすじ301話「薙切真凪の本当の狙い」

食戟のソーマ ネタバレ 269話

食戟のソーマネタバレあらすじ269話「田所とモナが勝負開始」

食戟のソーマネタバレあらすじ297話「」

食戟のソーマネタバレあらすじ297話「朝陽VSえりなの試合開始」