ハイキューネタバレあらすじ330話「臼利の役割」

ハイキュー!! 330話
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2018年12月10日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話330話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

前回329話では、桐生が強烈なスパイクで点をもぎ取り、研磨や黒尾の注目するところとなりました。

貉坂はフィジカルトレーニングにも力を入れているために強烈な球を打つことができるのだと判明します。

そしてたたみかけるように桐生はスパイクを叩き込みますが、木兎も負けてはいませんでした。

胸でレシーブをしてみせたのです。

最新話の330話では、調子のいい二人の攻撃に何らかの変化が怒るかもしれません。

そのとき、どう対応するのか?

二人をサポートするのは・・・?

それでは早速、2018年12月10日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話330話のネタバレ・あらすじ・感想を最後までしっかりとご覧ください!

関連記事:ハイキュー最新刊35巻発売日いつ?アニメ4期放送日いつから?


木兎のダイナミックなプレーも好調だからこそ!

いつまでも続かないからこそ、早いうちに決着をつけたいところですね!


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

 

桐生のパワープレー

春高三日目の男子準々決勝の貉坂 対 梟谷 戦にて。

桐生八が、レシーバーも吹き飛ばされてしまうほど威力のある強烈なスパイクを打ち、得点につなげます。

貉坂 3-2 梟谷

研磨は、桐生の圧倒的なパワーよりも、そのジャンプや打ち方に興味があるようです。

桐生は普通よりやや左に傾く形で打っていたのです。

山本に解説によると、桐生はスパイクを打つときに意識して利き腕に体重を乗せているとのこと。

黒尾は、貉坂はフィジカルトレーニングに力を入れており、桐生の凄さは高さとパワーだけではないのだと言います。

 

牛島VS桐生 中二の頃

桐生が中二の頃、全国大会で牛島と対戦しました。

両名とも、注目を浴びていた選手で、牛島も桐生もマーク対象となっていました。

そして最後の最後、桐生は打てる球であったものを打たず、返すだけにしてしまい、惜敗してしまうことに。

牛島は、どんな状況に立たされても揺るがないエースだったのに、自分は・・・。

そう落ち込む桐生に、チームメイトが頼りすぎていたことを謝ります。

謝られるたびに桐生は涙を流しながら全部呼んで全部打つから謝らんでくれと言ったのでした。

 

成長した桐生の現在

でも今は、レシーブの乱れで低くなってしまったトスも、跳ぶ高さを調節できるようになりました。

そして見事にブロックアウトを決めます!

貉坂 11-9 梟谷

悪球であったとしても、得点につなげることができるようになっていました。

他のプレーヤーなら、返球することに精一杯でも桐生はそこを合わせてパワーで得点にします。

それに加えて助走が1歩になってしまったとしても跳ぶことのできるジャンプ力も、力強いスパイクも、下半身を強化した結果。

中学の時の惜敗から学んだ『全部打つ!』が原動力となっているようです。

そして再び強烈なスパイクを打つと、木兎の所へ!

木兎は胸でレシーブをし、

「ナイスレシーブ!!」

 

感想

桐生は中二の頃の苦い思い出から、『全部打つ!』精神で強靭な肉体を作り上げてきた訳ですね。

しかし、その結果桐生に頼りっきりになってしまい、他のメンバーは攻撃が弱くなるなんてことはないのでしょうか?

そうするとマークされ続けたときに弱いような気もします。

気持ちは分かるのですが、他を育てる意味でも桐生はもっとメンバーに頼ってもいいのではないでしょうか。

中二の頃の二の舞にならないことを祈ります。


スポンサーリンク



330話『エース対決』

 

『悪球打ちの桐生』とは?

今回では、貉坂高校はフィジカルトレーニングに力を入れていると黒尾が言っていました。

それで桐生は『悪球打ちの桐生』と言われるようになる程どんな状況のボールでも打てるエースだということも明らかになりました。

普通であれば無理をして取りに行かないようなボールでも、高さと器用さ、パワーで多少強引であっても得点にしてしまう強みを持っています。

しかしこの『悪球』にはセッターはどう対処しているのでしょうか。

桐生一人に『悪球』を任せ、通常球は他が対応している?

今回の貉坂高校のセッターは、臼利でした。

今後この二人のチームワークも描かれることになるかもしれませんので、注目ですね。

 

木兎の好調はいつまで続く?

ラストのシーンでは、桐生の強烈なスパイクを木兎が胸でレシーブしていました。

このことから、木兎の絶好調ぶりがうかがえます。

前回までの会場を沸かすという宣言からも、気合十分なことも明らかですのでしばらくはこのまま梟谷を引っ張る存在でいられそうです。

しかし、今後どんなプレーが出てくるかは分かりません。

桐生のスパイクに見事に返していくことで流れをつかむ可能性は高そうです。

ムラのある木兎ですが、決定的な何かがあるまでは好調が続くのだと思われます。

 

330話はエース対決が実現か?!

桐生と木兎、両校のエース同士が好調なようですので、作戦としてはこの二人を使いまくって点取り合戦になることが予想されます。

エース対決をさせることで試合は非常に盛り上がります。

二人のプレーの違いも目立つことになるので、話はより面白くなってくるのではないかと思います。

そしてそれぞれをサポートする役割の赤葦と臼利の存在も対比して描かれるかもしれませんね。

ということで、330話は絶好調な二人がいかに点を取り合うか、というような展開になるのではないでしょうか。


エース対決も、どちらが先に調子を崩すかの戦いとなりそうですね!

そのとき、赤葦、臼利がそれぞれのエースをどう盛り上げていくのでしょうか?

その手腕にも注目していきましょう!

 

330話で明らかになる?臼利のキャラクター!!

 

ポジティブさで桐生をカバー!臼利の役割!!

貉坂高校の正セッター、臼利。

桐生は悪球でも確実に打ちに行ける選手ですが、その悪球、という点から臼利はまだ未熟な点が多いということなのかもしれませんね。

しかしコンビを組むという点においては、おそらく臼利がベストな人選なのでしょう。

次回からは、臼利の強み、それに能力も明らかになってくるのではないでしょうか。

桐生のネガティブさを臼利がカバーしていくことを期待され、選ばれている可能性もありますね。

関連記事:ハイキューネタバレあらすじ331話「木兎対策の成果」


スポンサーリンク



最近の読者の感想・考察

 

少年ジャンプ作品の最新刊を無料で読むには?

少年ジャンプ愛好家

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアなど電子書籍アプリの古株もありますが、

今私が1番オススメするのが、U-NEXT BookPlaceになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も全巻揃っていますよ!

ハイキュー ネタバレ 308

あなたの好きな漫画のアニメなんかも観れちゃいますよ!

ハイキュー ネタバレ 308

今なら31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH30年12月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

まとめ

2018年12月10日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話330話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介してきましたが、みなさんいかがでしたか?

桐生の強さの秘密は中二の頃の苦い思い出にあったことが分かり、そのことが本人を奮起させていました。

でも自分だけが頑張るのには限界があります。

臼利とうまい連携で、点を重ねていってほしいと思います。

それではみなさん、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハイキュー!! 317話

ハイキューネタバレあらすじ317話「手白のリリーフサーバーとしての力」

ハイキュー!! 315話

ハイキューネタバレあらすじ315話「日向の最高到達点からのスパイク」

ハイキュー!! 327話

ハイキューネタバレあらすじ327話「小さな巨人対決」

ハイキュー!! 329話

ハイキューネタバレあらすじ329話「臼利のセッター力」

ハイキュー!! 331話

ハイキューネタバレあらすじ331話「木兎対策の成果」

ハイキュー!! 322話

ハイキューネタバレあらすじ322話「烏野の向上心」