食戟のソーマネタバレあらすじ287話「司が創真に宣戦布告」

食戟のソーマ 287話
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2018年11月12日発売の週刊ジャンプ掲載漫画『食戟のソーマ』最新話287話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

前回286話では、第一の試練を無事クリアした創真。

タクミや田所も無事通過、それぞれのお題の異色さに驚きます。

続く第二の試練での舞台は、なんとコンビニ!

100ドル以上の価値のある料理を作らなくてはいけません。

そこには司の姿もあり、創真はどちらがより荒稼ぎできるかの勝負を挑まれます。

最新話の287話では、第二の試練が行われるとともに、司と創真の勝負もスタートします。

果たしてどちらがより優れた料理人なのでしょうか?

それでは早速、2018年11月12日発売の週刊ジャンプ掲載漫画『食戟のソーマ』最新話287話のネタバレ・あらすじ・感想を最後までしっかりとご覧くださいね!

関連記事:食戟のソーマ最新刊31巻発売日いつ?単行本の購入特典はある?


「第二の試練!調理のバトルステージは・・・見ての通りコンビニなのです!」

コンビニの食材で100ドル以上の価値とは・・・!

どんな予想外の料理ができあがるのか楽しみですね!!


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

 

今年のBLUEは異色!

第一の門を無事通過した創真。

「ふい~~~~。しかし変なお題だったな~~。」

と、伸びをしていました。

ふと横を見ると、そこにはタクミの姿が。

タクミのグループに出された課題は、乳幼児への離乳食だったということ。

アレルギーを引き起こすような食材はNGのため、美味しさの追及に苦労したといいます。

創真が驚いていると、田所も駆けつけました。

田所のグループは、飼い主と犬が一緒に楽しめる食事プランというお題。

それぞれの異色ともいえる課題に、タクミは疑問を感じます。

「おかしいぞ今年のBLUEは!お題からもう常軌を逸している・・・。昨年まではごく普通の美食コンクールだったのに・・・。」

そのとき、アナウンスが響きました。

『 合格者の皆様!第一の門が解放されました。 』

 

第二の試練の舞台は・・・コンビニ!!

アナウンスの後、職員によって門が開門されました。

『 さあ・・・道なりにお進み下さい。程なく第二の門が見えてまいります。 』

ぞろぞろと合格者達は歩いていき、何かを見つけて立ち止まりました。

そこには、『BLUE』という名のコンビニがあり、店の前には調理台が並んでいました。

『 この試練のため建てました。第二の試練!調理のバトルステージは・・・見ての通りコンビニなのです! 』

モニターのアンが笑顔で言うと、突然ずかずかと歩いてくる女性がいました。

それはWGO二等執行官のランタービでした。

椅子にどかっと腰かけると、水を催促して話し始めます。

第二の試練の説明をするので、よく聞けと言います。

「さて・・・知っての通り日本のコンビニエンスストアには多種多様な商品がずらりと揃っているわね。今回はそれを使った課題よ。商品は何でも使っていいわ。それらを使って『調理』を行い・・・私に味わわせる一品を作りあげるの。合否の基準は・・・100ドル以上の金を支払う価値のある一品を作りあげる事!!」

「チャンスは一人三回まで。制限時間は90分!さぁっ!とりかかりなさい!!」

 

司がBLUEに!創真に勝負を挑む!

「ちょ・・・ちょっと待ってくれ!!」

「100ドルだってぇ―――!?」

原価から考えても、一万円以上の価値に仕上げることは至難の技。

料理人達も戸惑いを隠せない様子です。

試練の開始の合図があると、料理人達は一斉にコンビニに駆け込み、食材を物色し始めます。

基本的なものはあるものの、彼らが普段扱う高級食材など一つもありません。

創真達はそんな店内の様子を外から見て、創真が口を開きます。

「審査員たちが試したい事はどーやらもっと『先』にあるみてーだな・・・!・・・ん?」

創真が何か気が付いたのか、見ると奥から大勢の人間が現れました。

ランタービの補足によると、第一の門での試練を免除された料理人たちも、この試練から参戦するとのこと。

その威圧的な様子に創真は驚いていました。

創真はその中に、見たことのある顔を見つけました。

田所とタクミもその人に気づきました。

「つか―――司先輩!!!」

創真に気が付いた司は安堵のため息をつきました。

「よかった・・・!知ってる人がいて。あ、アルディーニに田所も!」

「それに覆面とか変装とかしてる人たちも山ほど居るし・・・何なのノワールって~~~・・・!」

創真は人前で調理をすることが苦手な司が、出場するのを決意したことに驚いていました。

その言葉に司は、不思議と負ける気がしない、と答えます。

そして突然、創真にどっちの皿がより荒稼ぎできるかの勝負をしないかと挑んだのです。

創真は笑ってシュルッと腕の手ぬぐいをほどきます。

「・・・いいっすね・・・!燃えてきましたわ。やっぱ第一席はそうでなきゃいけねーっすよ!!」

 

感想

司がついに参戦!

第一の門は免除されていたようで、ここからの参加となるようです。

こうなると、十傑メンバー全員に招待状が届いているのではないかと思いますね。

審査とは直接関係ないと思いますが、創真に勝負を挑んだ司!

モチベーションアップにはもってこいですね!

コンビニ食材で100ドル以上の価値の料理というのがどんなものになるのかはもちろん、この二人の勝負も気になります!


スポンサーリンク



287話『100ドルの料理』

 

お題形式は表も裏も同等だと証明するため?!

例年であれば、BLUEはいたって普通の美食の祭典。

しかし、今回の大会はお題形式で行われています。

これは大会としてかなり趣が違っているのです。

全てのことは特別執行官の決定によるものであることは間違いありませんが、今年はノワールも参加しています。

これでは表の料理人では生き残れる可能性が極端に低くなってしまうためだとの判断ではないでしょうか?

予測のつかないお題を出すことで、表も裏も関係ない、実力がものを言うのだと改めてアピールするための変化なのだと思います。

 

第二の試練の目的は超優れた料理人を選ぶこと!!

第二の試練のお題は、コンビニの商品で調理を行い、ランタービに味わわせる一品をつくりあげること、そして100ドル以上の価値のある一品であるかどうかが合皮の基準となります。

これは第一の試練のように、ノワールが有利、ということはなさそうです。

大抵の料理人たちはコンビニでフリーズしましたが、それもそのはず、小麦粉や調味料など基本的な材料は揃っているものの、当然高級食材は置いていないため、どうししたらいいのか分からない、といったところだったのでしょう。

この試練で審査員が試したいのは、単純な料理の腕ではなく、「このシェフの皿ならばどんなものでも100ドル払える」と思わせる、腕の優れた料理人を選ぶ、という目的があるのでしょうね。

これだけの数の料理人たちがいる中で、大胆にふるいにかけなければ勝負がつきませんからね!

 

新旧・第一席対決の行方は?

第二の門から登場した司。

なぜだか負ける気がしないのだと語ります。

元々司は自分の皿に対してだけは、絶対の自信を持っていましたが、連隊食戟でえりなと創真に敗れ、卒業後は竜胆とともに世界各地を回り、修行し直しているようです。

そんな経験をしてきた彼は、自分でも「少し強くなった」と感じていました。

そして、創真に司から宣戦布告!

ここで、創真にリベンジを果たしたいと考えているのかもしれません。

新旧、第一席対決!!

どちらが勝つことになるのでしょうか?


司との対決の方が注目されますね〜笑

どんな料理ができあがるのでしょうか?

 

287話で創真と裏対決?司の強さとは?!

司が強さは修行と竜胆のおかげ?

司は、286話で自分が負ける気がしないのは、強くなったと感じるからだと話していましたね。

その言葉の裏には、264話で竜胆と一緒に食材ハントする姿が描かれていたことからも、その経験を通して、以前よりもっと食材のこと詳しくなり、心の面でも強くなった、ということなのではないかと思います。

そしてもしかしたら、司と竜胆の仲に進展が見られていたのだとすれば、そのことも司を成長させた立派な理由になるのではないでしょうか?

遠月の中でも恋の話が時々気になるように描かれていますが、卒業生の方も・・・。

そのうち竜胆も登場、なんてこともあるかもですね!

関連記事:食戟のソーマネタバレあらすじ288話「タクミと田所の料理内容」


スポンサーリンク



最近の読者の感想・考察

 

少年ジャンプ作品の最新刊を無料で読むには?

少年ジャンプ愛好家

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアなど電子書籍アプリの古株もありますが、

今私が1番オススメするのが、U-NEXT BookPlaceになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も全巻揃っていますよ!

食戟のソーマ 273話

あなたの好きな漫画のアニメなんかも観れちゃいますよ!

食戟のソーマ 273話

今なら31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH30年11月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

まとめ

2018年11月12日発売の週刊ジャンプ掲載漫画『食戟のソーマ』最新話287話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介してきましたが、みなさんいかがでしたか?

第一の試練に引き続き、第二の試練もかなり変化球でしたね。

しかし、その裏には大会側の真意が隠されているはず!

その謎はこの試練をクリアしたときに明らかになるのでしょう。

287話からも目が離せませんね!

それではみなさん、最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

食戟のソーマ 283話

食戟のソーマネタバレあらすじ283話「世界大会BLUE開幕!」

食戟のソーマ 281話

食戟のソーマネタバレあらすじ281話「朝陽と連隊食戟開始」

食戟のソーマ ネタバレ 279

食戟のソーマネタバレあらすじ279話「朝陽の真の目的」

食戟のソーマ 275話

食戟のソーマネタバレあらすじ275話「創真は絶対に勝てない?」

shokugeki-no-soma-netabare-270

食戟のソーマネタバレあらすじ270話「モナが田所に心を開く」

食戟のソーマ 285話

食戟のソーマネタバレあらすじ285話「創真が最後の晩餐に不服な理由」