約束のネバーランド 最新 110話

本記事では、2018年11月5日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『約束のネバーランド』最新110話のネタバレ・あらすじ・考察などをご紹介します。

前回、無事に地下道跡に到着したエマ達の様子が描かれていました。

エマはかなり疲労困憊の様子が明らかで…ユウゴの幻想も観ていましたね。

このシーンには涙必須でしたが、ユウゴの過去を振り返るシーンも彼の思いがたくさん詰まっていて感動しました。

まだエマ達と戦っていきたかったはずですが、子どもたちを守る為に死を選んだユウゴとルーカスには、読者の私も感謝したいほどです。

今回は、エマ達が新しい作戦を練っていく事になりそうですが…。

それでは、2018年11月5日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『約束のネバーランド』最新110話のネタバレ・あらすじ・考察など、最後までゆっくりご覧ください。

関連記事:約束のネバーランド最新刊11巻発売日いつ?表紙・特典も

前回の要点まとめ

エマ達は、ユウゴとルーカスのおかげで地下道跡にたどり着きました。

レイは「今日からここが俺達の住み処になる」と子供たちに話します。

「シェルターほど快適ではないが、ラートリー家にも農園にも知られていない、安全だ」と続けます。

外は交代で見張るけど、明日細かい事を決めるので今は皆休んで、と伝えます。

エマは、失った二人の事を悔んでいますが、これでユウゴとルーカスにも何かあったら全部自分のせいだ、と考えます。

判断を間違えた…?と考えているエマの前に、ユウゴが現れました。

ユウゴの無事を喜び「ルーカスは無事?」と尋ねるエマに「心配ない」と答えるユウゴ。

ユウゴはクリスの容態をエマに聞きますが、弾はかすめただけで血も止まっているけど、まだ意識が戻らないと説明します。

自分をまた責めようとしたエマに「エマのせいではない」と話すユウゴは「自分が前にその判断は正しいか?とエマに聞いた事を覚えているか?」と尋ねます。

正しい判断を下すこと、下そうとすることは大切だが、決してそれだけが全てではない、と続けます。

「判断が正しいか、間違っているかは、その時には誰にも判らない」と話すユウゴ。

「だから、大切なのは判断のあと、下した判断を正解にする努力。」

「例え下した班Dなで悪い結果を招いても、そこから何ができるか、いかに足掻くかこそが大切だ」とエマに話します。

判断だけで決まるのなら、人生はかけ事になってしまう、自分の判断を信じろ、それでどんな結果が出ても前へ進め、とエマに力強く訴えます。

エマなら、エマ達なら世界を変えられるというユウゴに「なぜこんな話をするのか」と聞きます。

「ユウゴも一緒にいられるんでしょ?一緒に世界を変えるんでしょ?」と聞くエマにユウゴは「ごめんな」と答え、その言葉で『これが夢だ』とわかったようです。

場面はユウゴの回想シーンに移り、2046年1月、年が明けたけどこれが何年目かわからない様子のユウゴ。

ずっと独りで何も変わらない毎日、誰もいない、全員死んだ、俺が死なせた、と考え続けています。

俺は何故生きているんだろう、と考えますが「生きてユウゴ」というダイナの言葉を思い出し、生きなきゃと自分に言い聞かせます。

それでも限界を迎えたユウゴは自害しようとしますが、そのタイミングでエマ達が現れます。

あの日自分は死にそびれた、と言うユウゴは「あの時、死んでいなかったからエマ達に会え、ルーカスにも会えた」と考えます。

仇を倒し、密猟場を壊し希望が見えた…この一年半楽しかったなぁと思いだしています。

「死にたくない、人間の世界も観たかった、エマ達の成長も…未練は山ほどある、でもエマ達を守れるなら笑って死ねる」と考えています。

「望む未来を叶えろ、頑張れよエマ」と最後の言葉を残して、シェルターが爆発します。

その煙を見て、「嘘だ…」と涙するエマ。

―ルーカスは、倒れているユウゴを起こします。

二人の目の前には、ずっと会いたかったダイナやみんなの姿があります。

ダイナに「思いのほか早く来てしまった」と謝るユウゴに「ありがとう、がんばったねユウゴ」と優しい言葉をかけるダイナ。

 

感想

ほんの少し期待していたのですが…。

前回の様子から、やはりユウゴとルーカスの二人の死亡が確定しました。

ここでルーカスとユウゴを失うのは本当に辛いですが、ここから新たな作戦を立てていく必要がありそうです。

ますますエマ達が団結して、強い心で進んでいくことに期待したいですね。

110話『エマのメンタル崩壊?!』

エマのメンタルは…

目の前で子供たちが撃たれ、ルーカスやユウゴの死亡も確定して…。

こうなってはエマのメンタルが本当に心配ですね。

レイが慰めたり鼓舞するでしょうが、ムジカ・ソンジュやノーマンが登場してくれると立ち直ってくれる見込みもありそうですが…。

死んだ二人の子どもの件でかなり責任感を感じていますし、ユウゴの幻影を見るほど疲れて追い込まれているのがわかります。

エマの希望は、全員を救出したいと考えていましたし、時に無謀な策を取ろうとすることもあります。

みんなで助かりたい、と考えていたエマはアンドリューの冷徹さとルーカス・ユウゴを失った事はかなり大きな傷になっているでしょうね…。

 

アンドリューも死んだ?

あの爆発の様子から、アンドリューも死んだと考えていいと思えますが…。

もしかすると逃れたかも…と想定しても、シェルターは地下にありますし、爆発を直接受けていなくても地盤ごと崩壊させていれば生き埋めになったはずです。

しかし、アンドリューが死んだからと言っても、食用児の追跡が終わるはずはありません。

ラートリー家は大きな権力を持っていますし、これまでも内通者を発見し処分してきた経緯もわかってます。

アンドリュー率いる兵士達をみても、軍隊を持っているとも考えられます。

ここでアンドリューが死んでしまったとしても、ラートリー家には大した影響もないかもしれません。

 

ソンジュとムジカの登場に期待!

ソンジュは、人間を食べた事がある、人間を食べたいという欲求も見せていました。

しかし、エマを襲う機会があったのにも関わらず食べようとしなかったのは、高い信仰心のおかげでしょう。

原初信仰は天然物しか食べないと言う事ですから、農園の産物であるエマ達は食べてはいけないという考えなんですね。

エマは農園のシステムを潰したい、ソンジュたちの信仰は農園を求めていない…という点では、一緒に戦っていく展開も期待できます。

ソンジュの強さはこれまででわかっていますから、かなり頼もしい仲間になってくれそうです。

しかし、ソンジュも鬼ですから銃に勝てるのかがカギになりそうです。

これまでに、エマ達ほどうまく逃げた人間たちはいないでしょうし、そう考えるとソンジュが銃と対峙した事があるかも謎です。

ラートリー家は、鬼と契約(約束)を結んだ張本人ですから、勝手に鬼を倒す事はできないと思えます。

さすがに「食用児を匿った」という事例は過去にもないでしょうから、まだどうなるのか全くわかりませんが…。

 

110話で正体が全て明らかに?ピーターラートリーとは?

ピーターラートリーは今何を?

アンドリューのボスであるピーターラートリーについても、まだ明かされていない謎も多いですね。

彼は現在、ラートリー家の第36代当主です。

1000年前に、鬼と人間は同じ世界に住んでいましたが、鬼が人間を狩るだけでなく、大切な人を殺された人間も鬼を狩っていました。

人間同士でも騙し合いが起こるなど、無秩序極まりない世界になっていました。

その状態に鬼も人間も疲れていて「お互いに狩りをしない」と言う協定(約束)を提案します。

この時、提案や調整のために先頭に立ったのがラートリー家の当主だったのですが、これがエマ達の希望の光・ウィリアムミネルヴァ=ジェイムスラートリーです。

協定を結んだラートリー家の人間が、今回のエマ達の脱走を手助けした事になっています。

以前、出荷されるノーマンの前に、「私はピーターラートリー。君さえ良ければ、君に私の研究を手伝ってほしいんだ」と里親に名乗り出ています。

ノーマンの頭の良さを買って、新しい農園『Λ(ラムダ)7214』の研究対象として引き取った事になっています。

エマ達がノーマンと再会することも期待されていますが、そうなればピーターラートリーも登場する流れになりそうですね。

関連記事:約束のネバーランドネタバレあらすじ111話「アンドリューの逆襲」

最近の読者の感想・考察

 

少年ジャンプ作品の最新刊を無料で読むには?

少年ジャンプ愛好家

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアなど電子書籍アプリの古株もありますが、

今私が1番オススメするのが、U-NEXT BookPlaceになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も全巻揃っていますよ!

約束のネバーランド ネタバレ 109

31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH30年11月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

まとめ

ここまで、2018年11月5日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『約束のネバーランド』最新110話のネタバレ・あらすじ・考察などをご紹介しましたが、いかがでしたか?

今回、無事に逃げ切れたエマが見たのは、ユウゴの幻想でした。

ユウゴはそこで「自分の判断を信じろ、何があっても前へ進め」とエマを強く励ましていましたが、このシーンには泣かされました。

以前、エマ達を邪険にしていた頃のユウゴは、今と真逆の事をエマに尋ねていたのですが、ここまででエマとの信頼関係がどれだけ変わったのかがわかりますよね。

そんな仲間を失う事で、エマの精神が破綻しないか心配です…。

順調そうに見えていただけに、ショックは計り知れませんが、今回からどんな作戦に移っていくのか、エマの代わりにレイの活躍も期待したいですね。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事