ハイキュー!! 325話

本記事では、2018年11月5日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話325話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

前回324話では、マッチポイントを迎えた烏野高校。

激しいラリーは両校の意地の見せ合いともなっています。

そのとき、トスを上げようとした研磨の指がすべり、ボールが落下、試合は烏野高校の勝利となりました。

お互い力を出し切り、悔しいが清々しさのあふれる試合となりました。

最新話の325話では、烏野の次の対戦相手がどこなのか明らかになりそうです。

気持ちも新たに、春高優勝へとまた進み始めます。

それでは早速、2018年11月5日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話325話のネタバレ・あらすじ・感想を最後までしっかりとご覧ください!

 

 

「俺たちが負けたところで勝ったところで・・・世界は滅びない」

研磨の言葉が刺さります!涙涙の324話でした!

 

関連記事:ハイキュー最新刊34巻発売日いつ?表紙・特典情報も

前回の要点まとめ

 

マッチポイントの攻防

音駒 21-24 烏野

烏野高校、マッチポイントを迎えました!

ネット際の攻防で、田中がボールを押し込みます!

研磨とリエーフがネット際を跳び、リエーフが押し返す!

押し返されたボールは後衛の東峰の後ろへいきます。

リエーフにぶつかり、研磨がバランスを崩してしまうと、リエーフが叫びます。

「うわあああ研磨さん!!」

これに対し、研磨がまだ終わってない!と真っ赤な顔で怒りだします。

「バカ!!ボール!!!まだ落ちてない!!!」

西谷が飛び込み、何とか上げ、影山がつなぎます。

これを東峰がなんとか返し、ネットすれすれで越えたのを夜久が拾います。

こちらもネットすれすれで、日向が待ち構えるもののリエーフがスパイク!

澤村の片手レシーブが直接ネットギリギリで越えていきます。

これを研磨が飛び込んでレシーブ、海がつなぎます。

夜久はこれを返すだけになり、烏野のチャンスとなりました。

西谷がレシーブし、日向が跳びますが、影山はこれをレフトの田中に回します。

ポール際から田中の極上ラインショット!!

強烈なスパイクを海がワンハンドレシーブし、これが高く上がります。

このプレーに東京体育館がざわついていました。

 

まさかのミスで試合終了!

ワンハンドレシーブで高く上がったそのボールの下には研磨がいて、リエーフと山本がスパイクの体勢に入っています。

どちらを使うのかと思わせていたところに、トスを上げようとした研磨の指先でボールがスリップしてしまいます!!

あっ汗か。

そのボールは、無情にもコートへ落下してしまいました。

実況「・・汗ですね。あぁなんという・・・!ラリー中ボールに触った全員分の汗がついてますからね。」

これで笛が鳴り、試合は終了です。

音駒 21-25 烏野

「んあーーー!」

黒尾がひっくり返り、次の瞬間起き上がって正座します。

「ハァ。」

 

ゴミ捨て場の決戦、決着!!

セットカウント 烏野 2-1 音駒

烏野高校が勝利をおさめました!

試合終了後のコートに、研磨はぺたっと座って呟きます。

「俺たちが負けたところで勝ったところで誰もしなないし生き返らないし悪は栄えないし世界は滅びない壮大な世界を駆け巡るでもなくただ9×18mの四角の中でボールを落とさない事に必死になるだけ。」

そして、研磨はコートに仰向けになり、バンザイしました。

「はあ~面白かった!クロ。

おれにバレーボール教えてくれてありがとう。」

その表情は、やりきった充実感で満ちあふれていました。

 

感想

烏野のセットポイントで、繋ぎに繋ぎ、絶対に負けられないのだと頑張っていた両チーム。

しかし、その頑張った証である汗が理由となり、ボールがスリップしてしまうとは・・・。

誰が手をすべらせていてもおかしくなかったこの状況。

バレーボールの神様は残酷でした・・・。

このアンラッキーに研磨は文句を言うこともなく、やりきったかのような表情。

そして最後、黒尾に感謝すら述べています。

本当のバレーボールの楽しさを教えてくれたクロ、ありがとう!

これからも研磨は楽しさを求めていくことでしょう。

325話『翔び続ける』

 

最後まで予測不可能な勝利!

昔からの因縁の対決と言っても過言ではない烏野と音駒の一戦。

防御に強い音駒、それに攻撃に強い烏野。

しかし、試合運びを見ても烏野優勢だったかと言われればそういうわけでもなかったように感じます。

試合を通して、翔び続けた烏野。

体力的にも圧倒的に不利であったでしょう。

しかし、体力の限界がきても限界と感じない日向の存在や、集中力が切れることがなかった影山。

このメンバーだったからこそ、勝利出来たはずです。

同じチームでも、勝利はいつも予測できません。

どちらも出し切ったこの試合は、今後両チームの糧となっていくことでしょう。

 

次なる対戦相手は鴎台か梟谷?

勝利を収めた烏野高校。

次の対戦相手は一体どこなのでしょうか?

妥当なところでは、鴎台か梟谷が予想されます。

小さな巨人に近い存在とだと言われている星海所属の鴎台。

梟谷との戦いもどんなものになるのか、どちらにしても面白くなることは間違いありません。

最終戦で当たるのは、井闥山学院だと思われます。

圧倒的な強さを誇る絶対王者、井闥山学院。

ここと当たれば、白鳥沢よりも遥かに苦しい戦いになるでしょう。

春高バレーという晴れの舞台で戦うことは、プレッシャーとの戦いでもあります。

勝ったときの感慨もケタ違いとなります。

春高バレーの今後に注目していきたいと思います!

 

決勝戦は井闥山学院との対決となる?!

東京で梟谷を破って1位通過した井闥山学院。

井闥山は全てを取り揃えたまるでチートされたような、オールスターチームなのです。

そのメンバーの詳細はまだまだベールに包まれているところが多いのですが、ここのセッターも恐らくは、影山や及川の実力を凌ぐほどの圧倒的な逸材であることは間違いありません。

セッターは影の存在だと考えられがちですが、影山にも見られるように、チームの頭脳的役割を担っています。

セッターの的確な判断力なくして、勝利はありません。

オールスターチームが誇る最強セッターとはどんな人物なのでしょうか?

予想通り決勝戦で当たるとすれば、もう少し先の話になりますが、今から待ち遠しいですね!

 

音駒との試合後、日向と研磨はどんな会話をしたのでしょうか?

友情は深まったはず!

音駒の分も、次もガンバってほしい!

325話からの対戦は?日向の成長はまだ止まらない?!

 

日向が『小さな巨人』になる?!

次の対戦相手が鴎台であった場合、『小さな巨人』の異名はもしかしたら日向に変わる可能性もありますね。

現時点では、『小さな巨人』に一番近い存在だと考えられるているのは星海です。

その理由はオールラウンダー、そして全ての技術において、そのレベルの高さからでしょう。

そして自身のプレーに絶対的なプライドと自信を持っています。

日向も、今回のゴミ捨て場の決戦では覚醒したように飛躍的な成長を遂げました。

出来ることが以前に比べて増えています。

そうして音駒に勝ったわけですから、次の対戦相手も確実に苦しめていくことは間違いありません。

『小さな巨人』に憧れを抱いていた日向。

確実に近づいているのではないでしょうか?

関連記事:ハイキューネタバレあらすじ326話「木兎のコンディション状況」

最近の読者の感想・考察

 

少年ジャンプ作品の最新刊を無料で読むには?

少年ジャンプ愛好家

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアなど電子書籍アプリの古株もありますが、

今私が1番オススメするのが、U-NEXT BookPlaceになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も全巻揃っていますよ!

ハイキュー ネタバレ 308

あなたの好きな漫画のアニメなんかも観れちゃいますよ!

ハイキュー ネタバレ 308

31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH30年11月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

まとめ

2018年11月5日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話325話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介してきましたが、みなさんいかがでしたか?

烏野高校の勝利で決着となったゴミ捨て場の決戦。

両校、学ぶものは多かったことでしょう。

早速ですが、次の対戦相手も気になります!

またどんなドラマが待っているのか、楽しみにしていきましょう!!

それではみなさん、最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事