ハイキュー!! 323話

本記事では、2018年10月22日発売の週刊ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話323話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

前回322話では、研磨に対し『勝ちたい』と意思を明確にしました。

第3セットも音駒 16-17 烏野という局面を迎え、激しいラリーが続きます。

サーブを前に落とし続ける研磨、犬岡の高いブロックの指の間を抜けて打ってくる日向…。

どちらも相手の出方を見切って攻撃しているようです。

最新話の323話では、コートに倒れた研磨が一時交代、手白が入り、研磨の分析タイムとなるでしょう。

最終局面に向けて、日向を徹底的に沈める方法を思いつきそうです。

それでは早速、2018年10月22日発売の週刊ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話323話のネタバレ・あらすじ・感想を最後までしっかりとご覧くださいね!!

 

「チビチャンは全力でお前に勝ちに来るだろな。」

冷静な研磨ですが、意識が変わるでしょうか?

日向は『勝ちたい』気持ちを目一杯コートでぶつけてきます!!

 

関連記事:ハイキュー最新刊34巻発売日いつ?表紙・特典情報も

前回の要点まとめ

 

『研磨に』勝ちたい日向!!

試合前夜のこと、宿で黒尾は研磨に

「チビチャンは全力でお前に勝ちに来るだろな。」

と言いました。

試合に勝とうするのは当たり前と返す研磨に黒尾は、『お前に』勝ちに来るんだと念を押します。

一方、日向も脱衣室で影山に宣言していました。

「研磨は多分試合に負けてもとくに何とも思わない。

でもおれは研磨に勝つ!!」

 

ラリーの勝者は研磨!!

影山はサーブを全力で前衛の前に落とします。

それを海が飛び込んで拾い、レシーブ!

そのままネットを越え、烏野のチャンスボールとなりました。

西谷がレシーブし、影山は日向を使います。

ブロックはリエーフ1枚!

バチィ

上体をのけぞらせた研磨はギリギリで手に当てます!

福永がカバーすると、研磨はアンダーでネットギリギリに返します。

そこに日向が飛び込んでレシーブし、ボールはネットを越え、研磨が日向が倒れてるところを狙って直接叩き込みます!

日向は無理な体勢から手を伸ばし、かろうじて上げます!

日向が手に当てたボールを田中が拾おうとしますが落としてしまい、研磨の勝利となりました。

ドヤ顔をしてみせる研磨に日向は歯ぎしりします。

音駒 16-17 烏野

 

日向 VS 研磨怒涛のラリー!!

ここで音駒は海と交替で犬岡を投入し、前衛に高さを出しました。

研磨はサーブを、これもまた前に落とします。

田中が声をかけてレシーブします。

影山は日向に上げ、速攻!

しかしここでは犬岡とリエーフのブロックが2枚!

影山は、速えよ!!と怒っています。

日向

(オレの身体がおれの言う事をきいてる。)

日向は犬岡の両手の間を抜いてスパイクを決めます!

音駒 16-18 烏野

今、日向は狭い腕の間を抜いた・・・。

田中のジャンピングサーブ。

この強烈なサーブを犬岡がふわりと上げます。

犬岡のスパイクは日向のブロックに当たりましたが決まり、

音駒 17-18 烏野

ここで再び音駒がメンバーチェンジを使います。

手白IN 灰羽OUT

黒尾 ⇔ 夜久

これで、セッターは最後まで研磨でいくことになります。

手白は天井サーブし、澤村がオーバーハンドでレシーブしますが、やや乱れてしまいます!!

しかし、影山がすばやくボールの下に入り込み東峰にトス!

東峰はブロックアウトを狙って強烈スパイク!!

福永がギリギリで追いつき、そのボールはネットギリギリに上がりました。

その時、研磨の後ろで黒尾が跳びます!

研磨が黒尾にワンハンドトスし、黒尾は球の上がり際を烏野のコートに叩き込みます!

影山は再び日向を使い、速攻!

ブロックは山本、黒尾、犬岡の3枚!

日向の狙いは・・前・・・それを研磨が読んでいました!

研磨(とった)

日向がプッシュしたボールは研磨の頭上を通過しそうになるのを研磨が懸命に手を伸ばし、指先が触れましたがボールは音駒コートに落下します・・・!

音駒 17-19 烏野

コートにうつぶせに倒れた研磨を心配して駆け寄る黒尾。

研磨は虚ろな目で「たーのしー」と一言。

 

感想

研磨のワンハンドトスからの黒尾のスパイク、西谷に取られてしまいましたがこれはよかったですね〜!

研磨が最も大切にしているにのは、勝つことより楽しむことですよね。

つまらなくなってしまえばバレーをしている意味がない、ということでしょう。

日向は見事に研磨の期待に応える形になったんですね。

日向も研磨という強い敵と戦うことで、著しい成長を見せています。

今後もまだ伸び代はあると思っていますので、まだまだ楽しませてくれそうな予感がします。

323話『限界を超えて』

 

 

研磨が覚醒したとき、烏野は?

今までの研磨のスタイルは、ゲームの方が好きでバレーはとりあえず、のところがありました。

周りから見た印象と研磨の心の中にギャップがあるということです。

しかし、想定外が多く発生している烏野戦で研磨が始めてバレーの面白さを感じているのではないでしょうか?

もしかすると、ゲームよりもずっと面白いと感じているかもしれません。

ここで研磨が覚醒することによって、逆転されてしまうと烏野にかかってくる疲れは計り知れないものになるでしょう。

特に、無限に思える体力の日向についていっている影山のバテ方はどうなるのでしょう?

それでも、烏野は3セットもデュースにも慣れています。

そういったギリギリの経験が、この試合の勝敗を決定づけるものになるのかもしれませんね。

 

研磨の分析が烏野を追い詰める?!

日向と研磨は、友達同士です。

しかし、日向ははっきりと研磨に勝ちたいと言っていました。

日向の意識のうちには常に研磨がいます。

研磨のシュミレーションにない攻撃を仕掛けようと考えているのです。

一方で、研磨は日向を含め烏野全体の攻撃のシュミレーションをさらに深く考えていくのではないでしょうか。

すでに第3セットの終盤にきている現在において、そんなにたくさんのことを分析することは難しいでしょう。

それでも、相手が出来ることから分析し、どんな攻撃の可能性があるかを導き出してきたときには対応が追いつかない可能性の方が高いため、負けてしまうかもしれません。

研磨の分析に、音駒側が追いつけるかが鍵となりそうです。

 

研磨、とうとう体力が尽きる?!

試合も終盤にさしかかり、不安要素として研磨の体力の問題があります。

球彦は、2回目のピンチサーバーの時に普段の研磨ならもうバテているころだと考えています。

普段ならそうかもしれませんが、研磨の『楽しい』という感情が自然と体を動かしているのではないでしょうか。

ここにきて、研磨はキレッキレなプレーを見せていました。

しかし、日向のロングプッシュを取ろうとしたときに床に倒れ込んでしまいました。

ついに限界にきたのでしょう。

代わりに、球彦がセッターとしてコートに立つ展開となりそうです。

ここで少し休むことで、さらなる分析タイム、ということになるでしょうか。

 

「たーのしー」

この言葉の後には研磨の覚醒が見られそうで、ワクワクしますね!!

323話でいよいよ決着!日向 VS 研磨

 

ゴミ捨て場の決戦、決着!!

春高、音駒と烏野の因縁の対決もついに決着がつくでしょうか。

このまま烏野ペースで、日向もさらに覚醒し・・・。

研磨も楽しさを感じて覚醒しそうですが、それでも日向は止められないかもしれません。

そして音駒に勝った先には、まだ梟谷や星海のいる鴎台が待っています。

そして、最強の井闥山学院。

勝てば、残る3試合を突破し、春高優勝という悲願を成し遂げることになるでしょう。

烏と猫の戦いは、烏の方に有利に傾いていそうです。

関連記事:ハイキューネタバレあらすじ324話「研磨の限界突破」

 

最近の読者の感想・考察

 

少年ジャンプ作品の最新刊を無料で読むには?

少年ジャンプ愛好家

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアなど電子書籍アプリの古株もありますが、

今私が1番オススメするのが、U-NEXT BookPlaceになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も全巻揃っていますよ!

ハイキュー ネタバレ 308

あなたの好きな漫画のアニメなんかも観れちゃいますよ!

ハイキュー ネタバレ 308

31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH30年10月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

まとめ

2018年10月22日発売の週刊ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話323話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介してきましたが、みなさんいかがでしたか?

体力が限界に達し、コートに倒れてしまった研磨。

「たーのしー」と心はまだまだ戦闘モードです。

第3セットも大詰め。

323話でとうとう決着がつくでしょうか?

それではみなさん、最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事