約束のネバーランドネタバレあらすじ105話「ソンジュとムジカが救助に」

約束のネバーランド 最新 105話
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2018年10月1日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『約束のネバーランド』最新105話のネタバレ・あらすじ・考察などをご紹介していきたいと思います。

前回、とうとうアンドリューがシェルターを発見し、部下を引き連れて突入の流れになりました!

アンドリューは「全員処分」と口にしていますが、ここでたくさんの犠牲がでてしまう展開でしょうか?

さすがに、主要人物はここで死ぬ事はないでしょうが…それでも一番ルーカスが危ないような気がしています。

今回、非常口から逃げる事ができるのか?ロッシーは間に合うのか?など目を離せない展開になりそうです!

それでは、2018年10月1日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『約束のネバーランド』最新105話のネタバレ・あらすじ・考察などを最後までゆっくりご覧ください!

関連記事:約束のネバーランド最新刊11巻発売日いつ?表紙・特典も


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

今すぐ逃げろ!とぺぺが叫んだ理由は、アンドリューがシェルターを発見し突入してきたからでした。

兵士達に、シェルター内の人間を殺処分をするように命じるアンドリュー。

ルーカス・ロッシー以外は、みんな揃って隠れていますが、ロッシーが足の不自由なルーカスを気遣って隠し部屋へ移動しているからでした。

なぜこの場所がバレたのか…という声に「モニターを確認していたらいきなり闇の中から現れた」と話すぺぺ。

カメラの死角をついたのか?と考えるレイと、みんなを落ち着かせようとするオリバー。

敵の人数を聞かれたぺぺは、見えた限りでは8人と返します。

シェルターに誰もいない、既に逃げたか?と考えているアンドリューでしたが、ポットがまだ温かいこと、地上班からの報告もない事で『まだシェルター内に隠れている』と確信します。

一方、このまま隠れていても見つかるのも時間の問題だというエマは、シェルターを捨てて逃げようと言います。

それに「攻めてきたのは8人だが、シェルター自体ラートリー家に知られている」という理由で賛成するユウゴ。

シェルターを捨てるという事に悲しそうな子供たちですが、「みんなの家、みんなの畑、支援者との連絡も取れなくなるけど、命の方が大事だ」と説得するユウゴ。

また、この時の想定も散々してきただろう、と言い「二つある非常口から逃げよう」と決めます。

その非常口への位置は

  • 武器庫の奥
  • モニター室
  • 北の廊下
  • 風呂場
  • 資料室
  • 南の廊下
  • 電話がある隠し部屋

の七つですが、どの道も隠されていて侵入者にはわからないという秘密の逃げ道。

向かう先は、ソンジュが繋げたあの地下道跡ですが、敵が闇夜に紛れて奇襲してきましたから、自分たちも上手く紛れて逃げる事ができるはず、と話すレイ。

一日歩けばあの森にも着けると言うレイに、シェルターを失うのは痛いが、生きていれば何とかなる、生きてさえいれば…と繰り返すエマ。

ルーカスとロッシーを除く全員が非常口へ向かいます。

一方のアンドリューは、無線でモニター室と連絡を取り合っていて、モニターのダミー映像に気付いた兵士が全部のカメラをリアルタイムに切り替えます。

その作業が間もなく終了する、という事を聞いていたルーカスはモニターをリアルタイムにされたらみんなが地上に出る時にカメラから見えてしまう…と焦りを隠せません。

モニター室の兵士の動きを止めようと、ロッシーに「ここで隠れているように」と言ったルーカスは、兵士に背後から近づき羽交い絞めにします。

首を絞められた兵士は気を失い倒れますが、ルーカスはその兵士の無線からアンドリューが全ての出口を固めようとしている事を知ります。

アンドリューがまるで非常口の存在を知っているかのような内容に「非常口も待ち伏せされている」とエマに知らせる為、ロッシーを走らせる事にしたルーカスですが…。

 

感想

アンドリューの支援者説ははかなく散ったようですね…。

殺処分とまで指令を出していますし、見つけ次第捕獲ではなく、その場で『処分』される事が予想されます。

エマ達ももちろんピンチですが、一人になったルーカスが先に見つかる可能性が大きいですよね!

モニター室からの応答がない、となれば確実に様子を伺いに来るでしょうし…。


スポンサーリンク



105話『エマ達全員が処分される?!』

支援者の正体は?

支援者がアンドリューでない、とすればここから新キャラクターが出てくる事に期待するしかありません。

支援者に関しては、一部分だけ描写されていて、独特な模様が入った服を身に着けていたようですが、「少年少女たち生き残ってくれ」と言っていたことから、正真正銘の支援者である事はほぼ間違いないです。

しかし、少し引っかかるのが…もし支援者自身が救いにいくのなら「待っていてくれ」などという言葉が出てきそうですが、『生き残ってくれ』はひとごとのような…。

もし、予想通り支援者が直接救出するのでなければ、ここでもやはり登場しない可能性が高いですよね。

 

アンドリュー=支援者の可能性はゼロ?!

支援者は以前エマ達に

  • シェルターから動くな
  • 必ず迎えに行く

という事をモールス信号で伝えていましたが、同時期にアンドリューがピーターと電話をしている時に太ももを指で叩いているような仕草が話題になりました。

その仕草が『モールス信号では?』という疑いをかけられた所以ですが、しかし前回エマのところに現れたアンドリューは間違いなくラートリー家の使いとして訪れています。

しかし、希望を捨てたくないのが本心…アンドリューが支援者であれば、シェルターの詳細を把握している理由にも納得がいきます。

 

ソンジュとムジカが登場?

支援者の登場がないにしても、ここでソンジュとムジカが助けてくれる展開もありえるかもしれません。

鬼から逃げる子供たちを鬼であるソンジュとムジカが、大人の人間の目の前で救出する、なんて面白い展開かもしれないですね。

でも、仮にあの二人のどちらかが支援者だとしても、エマとソンジュたちの間では、ミネルヴァの話しは一切でてきていないようなのでした。

もしも支援者がソンジュたちのような信者であれば、エマとの話の中で話題になりそうですよね…。

そうなるとやはり、ミネルヴァが選んだ支援者がソンジュたちだとは考えにくいですね。

 

105話で全員を処分する?!アンドリューとは…

アンドリューは、ピーターラートリーの部下。

褐色の肌とメガネがトレードマーク。

 

ピーターの指示でエマ達を射殺!?

脱走した食用児の処分を、ピーター直々に指示されている。

過去にも、シェルターがある荒野に部下を送ったが、エマ達がいないダミーだったことから、40人を超える子供の「偽の痕跡」を作った人物がいると察する。

あえて誤った方へ誘導した“ミネルヴァの支援者”がまだ残っている、とピーターに報告している。

もともとは食用児だけ処分するよう指示していたピーターも、アンドリューの報告を受け「協力者全員の抹殺を」とアンドリューに命じている。

前回までに、フィルの所を訪れ何か話を聞きたがっていた様子だったが…?

シェルターの所在地はバレていなかったはずだが、エマ達が戻ってきたこのタイミングで居場所を突き止め突入してきた。

アンドリューと無線で繋がっていたモニター室の兵士をルーカスが止めた形になったが、アンドリューに真っ先に見つかってしまいそうだが…。

関連記事:約束のネバーランドネタバレあらすじ106話「エマが洞窟脱出」


スポンサーリンク



最近の読者の感想・考察

 

少年ジャンプ作品の最新刊を無料で読むには?

少年ジャンプ愛好家

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアなど電子書籍アプリの古株もありますが、

今私が1番オススメするのが、U-NEXT BookPlaceになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も全巻揃っていますよ!

約束のネバーランド ネタバレ 93

今なら31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH30年9月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

まとめ

ここまで2018年10月1日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『約束のネバーランド』最新105話のネタバレ・あらすじ・考察などをご紹介しましたが、いかがでしたか?

前回、アンドリューの部下を一人動きを阻止することを成功したルーカス!

このままではエマ達が危ない、とロッシーを向かわせましたが、先を急ぐエマ達に間に合う事ができるでしょうか?!

ひとり残されたルーカスもかなり不利な状況だと言えますが…、個人的にはルーカスが真っ先に見つかってしまう気がしてハラハラしています。

今回は無事に逃げ切るのか、隠れ続ける事ができるのかで展開が大きく変わりそうなストーリーになっていきそうです!

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク