ヒロアカ 200話

本記事では、2018年10月1日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ヒロアカ』こと『僕のヒーローアカデミア』最新200話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

前回の199話では、常闇狙いかと思われていた黒色がまさかの青山を捕縛!

しかし常闇の『黒の堕天使』により、黒影を浮遊させ、黒色から青山を救出!

そして小森は八百万の鼻にキノコを生やし、勝ちを取りにいったようです。

リーダーの八百万、ここにきて最大のピンチを迎えます。

最新話の200話では、小森の『プランB』が本格的に動き出します。

鼻に生やしたキノコが毒を放ったりすれば、もう負けが確定してしまいそう。

それでは早速、2018年10月1日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ヒロアカ』こと『僕のヒーローアカデミア』最新200話のネタバレ・あらすじ・感想を最後までしっかりとご覧ください!

 

 

『黒の堕天使』で黒影を浮遊状態にできるとは!

羽は使わないとですね!!

 

関連記事:僕のヒーローアカデミア最新刊20巻発売日いつ?表紙画像もご紹介

前回の要点まとめ

 

常闇のホークスとの思い出

まずは常闇の回想からです。

体育祭でホークスに指名された常闇は、ひたすらホークスを追いかけ、その後処理に終始していました。

常闇はホークスがなぜ自分を指名したのか、その理由を尋ねます。

その理由の5割は、1年A組在籍の生徒から敵連合の情報を聞き出したかったということ。

2割は、優秀で鳥人間という共通点を持ち、自分に付いてこれそうだったからということでした。

さらに、ホークスは常闇の他にエンデヴァーの息子・轟も指名していました。

そしてインターンで、再びホークスに受け入れられた常闇は、職場体験での悔しさをバネに実力を見せつけるために頑張ります。

そんな常闇を見てホークスは、常闇を抱えて夜の街を飛びます。

そのときにホークスは残り3割の理由について語ったのですが、それは常闇がもったいないことをしていると感じたからだったのです。

弱点をカバーすることも大事だが、得意を伸ばすことも忘れない方がいいと語ります。

「飛べる奴は飛ぶべきだよ 地面に縛りつけられる必要なんてない」

 

常闇『黒の堕天使』で空中戦に?!

シーンは現在に戻り、A組vsB組の戦闘訓練。

現在A組チームがいるのは配管が密集した場所で、影がたくさんできます。

黒色はその影を利用して自由に移動することができるため、居場所を特定することは難しそうです。

前回、黒色が常闇に挑発的な態度をとったことから、黒色が狙っているのは常闇なのだとA組の誰もが思っていました。

しかし、彼は常闇狙いと見せかけ、青山を捕らえたのです。

これが常闇の黒い作戦だったのでした。

青山を捕らえ、もうA組に勝ったも同然だと思っていた黒色ですが、そう簡単にはいきません。

ここで登場したのが常闇の新技『黒の堕天使』。

これは飛行技で、黒影は常に浮遊状態であり、常闇を抱えながら移動することも可能。

「飛べる奴は飛ぶべきだよ 地面に縛りつけられる必要なんてない」

というホークスの言葉が頭をよぎります。

 

隠していた?!小森希乃子の作戦始動!!

ヘソだけではなく肩からもネビルレーザーを放出する青山の技と、常闇の自由飛行技によって、配管の影の形も変わり、黒色は影に溶け込めなくなってしまいました。

姿を現した黒色を捕らえようと葉隠が動き出しますが、そのとき、八百万の鼻になんと小さなキノコが生え始めます。

実は、黒色による『プランA』が失敗したときのためにB組が用意していたのは、小森希乃子による『プランB』。

体にキノコを生やして体を乗っ取るとか、動けなくするとか?ちょっとびっくりな個性です。

 

感想

黒影に自分を抱えさせて移動できるというのはなかなかですね。

これで居場所の特定は難しくなります。

そしていよいよ動き出したのは小森希乃子!!

キノコを人にも生やせるとなると危険な感じもします。

これが毒キノコだった場合は?

希乃子はヴィラン寄り、ということになるのでしょうか?

この個性をどんな風に使うのか、注目していきましょう!!

200話『プランB発動!!』

 

まずはリーダー・八百万潰しから!

2回戦は拳藤と八百万による頭脳・心理戦で進行していくのではないでしょうか。

まずは相手側のリーダーを潰す作戦だとすれば、八百万が狙われる可能性が高いでしょう。

最後のシーンでは、八百万の鼻に希乃子の個性でキノコが生えたわけですが、恐らくは胞子を飛ばすことでキノコを生成し、生えたキノコによって攻撃がされる事になるはずです。

例えば、痺れ・催眠・毒。

八百万の鼻の上にキノコが出来たことで、臭いをかいで気絶したり、キノコによる洗脳で心操に操られたのと同じような状況になるなど、いろいろ考えられますね。

このままこれがうまく攻撃として成立することになれば、まずは八百万を倒すことに
なるでしょう。

 

常闇の個性でコラボ攻撃となる?!

常闇踏影の個性である黒影は浮遊できることが分かりましたね!

常闇が八百万を抱えて飛べば、爆弾や薬品など、いろいろと使えそうですね。

ただ、八百万は飛ぶ機械や乗り物を作れそうなので、わざわざ抱えて飛んでもらう必要はないかもしれません。

小森希乃子を抱えて飛ぶと、空中から胞子を撒けるので、キノコによる攻撃があちこちで行われることになります。

常闇は伝書鳩じゃない!と面白くない様子でしたが、将来的には、ヒーローを運んで一緒に攻撃したりと、協力する側になっていくのかもしれませんね!

 

八百万と拳藤のチームの采配は?

チームのリーダー的存在の八百万と拳藤。

個性が豊かなメンバーの組み合わせでどうやって敵を捕獲していくつもりなのでしょうか?

そろそろ葉隠の活躍が見られるでしょうか。

以前は光の屈折を利用していたので、今回も虫眼鏡のように光をあつめて敵を攻撃したり、青山のレーザーをレンズで広域拡散レーザーのように放っりと、連携して攻撃を仕掛けていくかもしれませんね。

またB組の拳藤も人気キャラですが活躍の場がほとんどないので、八百万に負けないくらいのリーダーシップを発揮してくること間違いなしでしょうね!!

 

もう小森のキノコが気になって仕方ありません!

「キノコまみれにしちゃいノコ」可愛いけど、危険な子ですね!!

200話でまわりを怖がらせる?小森希乃子の個性

キノコの個性

今回は、八百万の鼻にキノコが生えました。

これで小森の個性は『キノコ』だと分かったことになりますね。

本人が「キノコまみれにしちゃいノコ」と言っていますので、手当たり次第キノコを生やす能力なんでしょう。

見たところ人体にも地面や電柱にもキノコが生えているので特定の敵を狙い、キノコを生やしているわけではなさそうです。

気になるその効果ですが、自分の周辺に次々と生えるキノコに敵が触れることで、GPSのように追跡できたりするような個性なのではないかと思っています。

前回の戦いでも、ポインターを使って敵の位置を特定していたように、どこにいるかを分かっておくことは戦う上でとても大事です。

葉隠が透明になったとしても、この能力があれば敵なし、といったところでしょうか。

また、いろいろな毒キノコの毒の効果を操れるとしたら鼻にキノコが生えた八百万はどうなってしまうのか、危険な匂いがします。

関連記事:ヒロアカネタバレあらすじ201話「八百万の作戦開始」

最近の読者の感想・考察

 

少年ジャンプ作品の最新刊を無料で読むには?

少年ジャンプ愛好家

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアなど電子書籍アプリの古株もありますが、

今私が1番オススメするのが、U-NEXT BookPlaceになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も全巻揃っていますよ!

ヒロアカ ネタバレ189

あなたの好きな漫画のアニメなんかも観れちゃいますよ!

ヒロアカ ネタバレ189

31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH30年9月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

まとめ

2018年10月1日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ヒロアカ』こと『僕のヒーローアカデミア』最新200話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介してきましたが、みなさんいかがでしたか?

八百万の鼻に生えたキノコがどう作用するのか、気になって仕方がありません。

周りもキノコだらけのようですので、キノコに囲まれた八百万はかなり危険な状態と言えますね。

それではみなさん、最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事