約束のネバーランド 最新 103話

本記事では、2018年9月15日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『約ネバ』こと『約束のネバーランド』最新103話のネタバレ・あらすじ・考察などをご紹介したいと思います。

バイヨン卿が失踪した事になっている事がわかった前回。

鬼達・・・というか、貴族以外の鬼たちには詳しい事まで知らされていないのでしょうね。

農園での脱走事件は知っているようですが、鬼の世界でも人間的な文化が浸透しているようで、知られたくない事は上層部だけで管理しているのでしょうか。

西側への潜入が成功したエマ達からは、詳しい事が報告されそうですが、今回からは本格的にフィル達を助けに行くことになりそうですが…。

それでは、2018年9月15日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『約ネバ』こと『約束のネバーランド』最新103話のネタバレ・あらすじ・考察など、最後までゆっくりご覧ください。

関連記事:約束のネバーランド最新刊11巻発売日いつ?表紙・特典も

前回の要点まとめ

 

2047年9月。

GP密猟場崩壊から1年7ヶ月たった頃、鬼達が世間話をしているシーンですが、その内容は倍四の農園が2つ襲われ、「盗難」が増えたと話しています。

盗難したものは「高級肉を喰わせろ」と不満を持っている割に量産を盗む理由は「高級農園は警備が堅いから盗めない」とのことで『貴族への鬱憤を晴らしているのかも』と会話をしています。

二人の鬼は、バイヨン家の当主が失踪して1年以上経つ事を哀れんでいます。

「当主の失踪も盗難車の仕業では」「滅多なことをいうな」と世間話を続ける鬼達は、GFから逃走した人間の話しに及びます。

「二年近くも前の話だからもうとっくに死んでるだろう」と話します。

死んでいると予想されているエマ達は、畑を拡張しつつ、できるだけ外へ出ないようにして隠れ続けていました。

ラートリー家に見つかることもなく順調に見えますが、支援者からの連絡もまだないようです。

7つの壁を探し続けているようで、シーンはエマ達がクヴィティダラから戻ったあとに移ります。

捜索開始から4ヶ月ほどたった頃、エマが観たという寺と金色の水の場所を探す事になったレイは、寺について記述がある本を探しています。

鮮明な記憶を頼りに、子供達に指示を出している様子に、GP出身者は恐ろしささえ感じている用ですが、「さすがにこれはレイだけ」と言うアンナ。

景色や造形をもとに目星をつけたエマ達は、東側へ向かって出発しましたが・・・7ヶ月後に戻ったものの、すべてハズレという結果に。

西側には金の水と思われる候補地が7つ、寺の候補地が3つあるそうですが、寺の候補地すべてが鬼の町の中にあるそうで・・・。

鬼に返送して忍び込んでいるエマ達!!

冒頭で登場していた子供の鬼とすれ違った時、「脚が自分たちと違う」と話し出す鬼に片方が振り返りましたが、急いで隠れたエマの姿はありません。

ドンの脚が原因だと怒るギルダ。

お面はナイジェルのお手製だそう、限られた資料から作ったことに感心するレイたち。

シェルターに戻ったエマ達は、寺と金の水を見つけたと報告しました。

 

感想

どんどんストーリーが展開していって、楽しいですね!

エマの髪もドンの髪もすごく伸びていて、それだけ時間が経ったんだな、と実感できる描写でした。

やたら鬼のシーンが多いな・・・と思ったら、まさか変装して紛れていたとは・・・!

鬼に匂いとかでばれないもんなんでしょうか?

103話『ついにフィル救出のプランが?』

鬼に変装して手がかりが?

エマ達は、大胆にも鬼の町に変装して潜入していました。

人間達と同じように、買い物をしたり世間話をするような文化が描かれていました。

鬼達と同じような仮面を身につけ、情報も集めていたエマ達は、1年7ヶ月もかけてやっと金の水と寺を見つけた、と報告しました。

 

寺と金の水の在処とは

エマ達が見つけたという寺と金の水は、どんな光景だったのでしょうか?

鬼の町の中にあったはずの寺は、鬼が作ったものなのか?

103話ではその光景や詳しい場所なども明らかにされるでしょうが、エマ達の表情を見る限り期待がもてる展開になるかもしれません。

7つの壁の秘密屋、昼と夜に関する事のヒントなどがわかったかもしれないですね。

 

期限が近くなっているが?!

GP密猟場が崩壊して1年7ヶ月が経った今、フィル達が出荷されてしまう2年間の期限にあと数ヶ月と迫っている状態。

まだ大きな謎がいくつも残っている中で、最後に見たエマたちの表情はすごく晴れやかでした。

103話では、金色の水・寺の謎を説いて、フィルのところへ行くプランがいよいよ発表されるのでしょうか?

この約2年でフィル達の様子もだいぶ変わっているようですし、エマ達はそこにも対応できるのか・・・。

もっと時間がかかってしまいそうですが、明るい表情に良い結果を期待したいですね!

 

103話は鬼の町へ?話題になっていたバイヨン卿は・・・

1000年以上前、鬼と人間が混在していた頃、関係が悪化したきた事を懸念して「人間は鬼を狩らない、だから鬼も人間を狩らない。お互いの世界を棲み分けよう」という協定を結びます。

協定後は別々に生活が始まりますが、人間の旨さを知っている鬼の欲求を満たす為に、鬼の世界にいるわずかな人間達で食用児を養殖するための農園を作ったのです。

バイヨン卿は、その協定の制定にも参加、食用児農園を上からの指示で任されていました。

 

バイヨン卿の最期は・・・

バイヨン卿は、ジリアンとナイジェルに現れ狩猟場の常連客だったルーチェが殺された事を知り、情報の出所を聞きだそうとします。

首謀者ルーカスが本拠地にしていた地下壕を突き止めたバイヨン卿は潜入しますが、ルーカスの罠にはまってしまいオリバー・ナイジェルの攻撃で仮面や核をやられます。

しかし即死はせず、これまでの狩猟人生を振り返り「楽しいな。もっと楽しめばよかった。ようやく”狩り”ができたのに」などと考えて最期の力を振り絞るように戦っていましたが、ルーカスの銃でトドメをさされ死亡しました。

関連記事:約束のネバーランドネタバレあらすじ104話「アンドリューが支援者」

 

最近の読者の感想・考察

 

少年ジャンプ作品の最新刊を無料で読むには?

少年ジャンプ愛好家

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアなど電子書籍アプリの古株もありますが、

今私が1番オススメするのが、U-NEXT BookPlaceになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も全巻揃っていますよ!

約束のネバーランド ネタバレ 93

31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH30年9月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

まとめ

ここまで2018年9月15日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『約ネバ』こと『約束のネバーランド』最新103話のネタバレ・あらすじ・考察などをご紹介いたしましたが、いかがでしたか?

前回、クヴィティダラで見た寺や金色の水を捜索にでたエマ達でしたが、残念ながら東側には無かった事、そして西側の鬼達の町に候補がある事が明らかに。

鬼の町に寺があるって・・・と諦めないのがエマ達でした!

ナイジェルが作ったという鬼達と同じようなお面のおかげで無事に潜入に成功し、西側で見事に寺と金の水を発見したと言うことでしたが・・・。

鬼は匂いを感じないんでしょうか?見た目だけで判断しているのでしょうか?

今回は鬼の町で収集した情報なども報告してくれそうですが・・・。

どんな内容が語られるのか期待できますね!

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

おすすめの記事