ブラッククローバーネタバレあらすじ170話「シャーロットを助ける人物とは」

ブラッククローバー 最新 170
スポンサーリンク
Pocket

本記事では、2018年8月27日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ブラクロ』こと『ブラッククローバー』最新170話のネタバレ・考察・あらすじなどをご紹介します。

ヤミとシャーロットの真正面のぶつかり合いで終わった前回。

このままいくと、どちらにも双方の攻撃が当たってしまい、相討ち状態なのでは…と予想されますが、どちらにも倒れてほしくないだけに心配です。

アスタ達が王都に少し向かう前だという事なので、タイミング的にもそろそろ到着してもいいのでは…と思うのですが、どうでしょうか。

アスタが到着したとしても、シャーロットには簡単に近づけない気がしますし、やはりラックの時のように割とあっさり…というわけにもいかなさそう。

それでは、2018年8月27日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ブラクロ』こと『ブラッククローバー』最新170話のネタバレ・考察・あらすじなど、最後までゆっくりご覧ください!

関連記事:ワンピース漫画全巻無料はzip・rar・漫画村以外で見れる?


スポンサーリンク



前回の要点まとめ

王都のいたるところから上がる閃光や煙、そして高い魔力に気付いた貴族(?)たちの一歩手前まで達する茨から、貴族だちを逃がすヤミ。

シャーロットはバラの香りで魔力を隠し、無数の茨の中に隠れているようですが、ヤミはヤミ魔法「闇纏・無明斬り」をピンポイントで当てます。

茨から飛び出してきたシャーロットは「勘の良い人間だ…!」と称賛しつつ、茨でできた剣を片手にヤミに斬りかかります。

上半身を反らし、一撃目をかわしたヤミですが、剣の中心から槍のように茨が伸びてヤミに襲い掛かります。

この攻撃がかすったヤミは、シャーロットの戦法を厄介だと感じながらあることを思い出しています。

それは、シャーロットのバラが元々は赤色だったこと。

幼い事にうけた呪いの影響で、バラの色が変化したようでしたが、中身がエルフになったことで元の赤色のバラに戻ったようです。

この今の力こそが、解き放たれた本来のシャーロットの力である、という事です。

パワーアップした無数の茨は、恋をしていない今だからこそ出せているという事なのでしょう。

エルフ化したシャーロットが、普段とは違い呪いの力すらも利用して迫ってくる様子に「別の女に魔法使いこなされてザマァねえなツンツン女王!!」と悪態をつくヤミ。

その背後には、シャーロットの名を呼ぶ、ゴーレムに乗っているボロボロのソルの姿が。

息を荒くしながらなぜ仲間を傷つけたのかと問いますが、「馴れ馴れしいぞ…」と一言。

「姐さん」と呼ぶソルに「弟はおるが、妹はおらん!」と続けます。

シャーロットの言葉に泣き出しそうなソルと、ゴーレムの頭に着地しシャーロットの現状を説明し亡きユリウスを託すヤミ。

納得がいかないソルはヤミの制止を振り切り、シャーロットを正気に戻そうと土魔法を発動します。

―が、できません。

シャーロットの高濃度の魔力空間の中なので、上手く魔法が使えない様子です。

こんな空間でシャーロットの相手をしていたヤミの実力を認めるしかないソルですが、シャーロットに救われた過去を思い出し「正気に戻すのは自分だ」と命を賭けてシャーロットに挑もうとします。

しかし、ヤミに「今の使命は護ることと生き残ること」だと言われ、「アイツの為にも…テメーは生きなきゃなんねーんだよバカヤローが!!!」と諭されます。

悔しそうな表情で、涙をこぼしながらシャーロットをヤミに託す事にしたソルは、ヤミにそのまま後ろに投げ飛ばされてしまいます。

そこへ、シャーロットが全方位に攻撃を仕掛けてきましたが、闇魔法”黒穴”で吸収し距離を詰めたヤミは、ソルが泣いている事、そしてお前は利用されるようなヤワな女じゃないだろ!と言葉をかけます。

このセリフに少し反応を見せたシャーロットは後退し、距離を保って全力でヤミに攻撃します。

茨を集めて巨大な槍を作りますが、その槍を見て「かわせば死人がたくさん出る」と覚悟を決めたヤミは「…オレはテメーのことずっと認めてたぜ。だから…全力で殺さず取り返す」と刀を構えます。

そして、「茨魔法”緋威の麗戦槍”」と、「闇魔法”闇纏・次元斬り”」がぶつかり…?!

 

感想

ソルがシャーロットを想う気持ちがひしひしと伝わってきて、ついもらい泣きしそうになった回でした!

エルフ化してしまったとはいえ、やはりラック同様にシャーロットの意識が少し残っているのは明らかなようですが…。

これだけ全力でヤミに攻撃を繰り出す様子から見ても、シャーロットの残された意識でどうにかできるものではないのだなぁと実感しました。

真正面からぶつかり合ったわけですが、どちらにも攻撃が当たってしまいそうな…?!


スポンサーリンク



170話『シャーロットを助けるのは…?!』

やっぱり理想は…

ヒーローもの定番の展開でいうと、ギリギリのところでヤミがシャーロットの攻撃を回避、シャーロットにヤミの攻撃が当たる…という流れですよね。

となれば、シャーロットが気を失い、アスタ達の到着後にエルフ転生から戻してあげる…といった展開になるでしょうね。

闇魔法を使うヤミの実力は誰もが認めるものになっていますし、不自然だとも言えません。

99話のラストでは、シャーロットが発動した「緋威の麗戦槍」はヤミの次元斬りで切り裂かれていましたし、勝機あり!だと思えますが…。

 

やはりエルフには勝てない?!

シャーロットの緋威の麗戦槍を切り裂いたヤミですが、もし違う方向から茨が襲ってくるとすれば、攻撃に気を取られているヤミが拘束されてしまう可能性も。

優しいヤミの事ですから、シャーロットを本気で倒そうと思っているわけでもないと思いますし、もしかするとヤミが負けてしまうことも…?!

エルフ化してしまったシャーロットには、手を抜くなんて感覚はないでしょうから、もしかすると…とも思いましたが、亡き魔法帝ユリウスを目の前にしていたヤミの感情も普段通りとは言えないはず。

シャーロットをずっとそばで見てきたからこそ、つい手を抜いてしまって負けるパターンと、本気でエルフを倒すという思いと、どちらが勝ったのでしょうか。

 

ヤミとシャーロットの思い

ヤミが「オレはテメーのことずっと認めてたぜ」と言っていました。

それ以前のヤミの叫びにも、少し反応を見せていたのが気になります。

やはり、ラックの時のように意識が残っていて、ヤミの言葉やソルの思いをすべて聞いている可能性が高しですよね。

シャーロットが一途にヤミを想い続けていることは確実ですし、もしかしたらアスタの剣が無くても自分で意識をコントロールできるかもしれないですね。

ユノもエルフ化したはずなのにユノのままですし、シャーロットも自身の強い思いが勝つことだってあり得ると思います。

 

170話では「護る側」に?ソルとは…

前回、シャーロットを正気に戻そうと体当たりを試みたソル!

しかし、ヤミに「今は護ることと生き残ることを優先」と言われ、身を引く覚悟を決めましたが…?

 

ソル・マロンとは

魔法属性は「土」で、身長が高い女性魔法騎士。

魔法騎士団〈碧の野薔薇〉団長のシャーロットに惚れ込んでいて、「姐さん」と呼び慕っている。

誕生日は5月13日生まれ、現在18歳だというソルは、身長180㎝で血液型はB型。

モンブランとシャーロットが大好きで、今は碧の野薔薇に属する三等中級魔法騎士。

平界出身で、性格は男勝りで自由奔放。褐色の肌がチャームポイント。

土魔法でゴーレムを操ることを得意としていて、その独創性はユリウスに認められながら、ちょっと自由が過ぎるともいわれている。

関連記事:ブラッククローバーネタバレあらすじ171話「レオポルドの勝利」


スポンサーリンク



最近の読者の感想・考察

 

少年ジャンプ作品の最新刊を無料で読むには?

少年ジャンプ愛好家

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアなど電子書籍アプリの古株もありますが、

今私が1番オススメするのが、U-NEXT BookPlaceになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も全巻揃っていますよ!

ブラクロ ネタバレ 163あなたの好きな漫画のアニメなんかも観れちゃいますよ!

ブラクロ ネタバレ 163

今なら31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH30年8月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

まとめ

ここまで2018年8月27日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ブラクロ』こと『ブラッククローバー』最新170話のネタバレ・考察・あらすじなどをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ヤミとシャーロットの戦いが白熱していた前回。

ソルがどうしても自分が救いたい!と強い思いを見せましたが、エルフ化したシャーロットの高すぎる魔力の中では手も出せない状態でした。

ヤミとシャーロットの戦いが続いていますが、どのタイミングでアスタ達が現れるのか…?!

このまま共倒れしてしまっては、かなり戦力ダウンになってしまうので、早く到着して二人の対決を終わらせてほしい!

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました!

スポンサーリンク