約束のネバーランド 最新 99話

本記事では、2018年8月20日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『約束のネバーランド』最新99話のネタバレ・あらすじ・感想などをご紹介したいと思います。

エマが支援者へ電話をかけてから、7日後にようやく折り返しの連絡があった前回。

希望と絶望が繰り返していますが、この支援者を名乗る「人物」を100%信用していいのか…と疑問を抱いている人も多いはず。

シルエットだけとはいえ、支援者を名乗った者が人間であると決まったわけではないですし、まだまだ不安要素がたくさんありますね。

それでは、2018年8月20日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『約束のネバーランド』最新99話のネタバレ・あらすじ・感想など、最後までご覧ください!

関連記事:ワンピース漫画全巻無料はzip・rar・漫画村以外で見れる?

前回の要点まとめ

現在の話から少し遡った、2031年12月の回想から始まった前回。

そこでは、ミネルヴァの意志を継ごうとする者たちが、ピーターラートリーの手によって処刑されていました。

―2046年3月の現在、ピーターの追手がエマ達を処分すようと登場します。

追手はシェルターを発見しましたが、シェルターはすでにもぬけの殻…、ダミーのシェルターだったようです。

そして、B06-32のエマ達が潜んでいるシェルターでは、もう1ヵ月半近く生活をしていて、63人家族ともなれば窮屈ともいえる状態。

出身農園はもちろん、性格や年齢も様々ですが、みんな仲良く家事などの仕事を分担して過ごしています。

ハウスにいた頃よりも、食事量なども減っていますが、仲間が増えたことで楽しく過ごせている様子の子供たち。

一方、エマは支援者と連絡を取る為に動き出そうとしていました。

連絡を取る、とは言っても、相手の生存状況がわからないだけでなく、もしも支援者の存在がバレていて敵の手に渡っていたら、敵が「支援者のフリ」をしてコンタクトを取ってくる可能性だってあります。

そもそも、連絡を取るだけで、シェルターの場所などが通知されてしまう可能性も。

しかし、その心配もミネルヴァが考慮していると話すルーカスは、シェルターに様々な仕掛けがされていることやダミーのシェルターの存在なども話します。

支援者との連絡では、子供たちとお互いを確認するための合言葉も指定されているといい、もちろんそれを踏まえてもリスクはある、と続けます。

それでも、支援者に助けてほしいし、すでにいないのであれば次の手を考える必要があるから、とハッキリさせたいというエマ。

連絡手段は、シェルター地下の隠し部屋内の電話ですが、この電話から指定された番号にかけると、24時間以内に支援者からかけなおしてくるというもの。

電話をかけたエマでしたが…7日間が経っても折り返しの電話はきません。

ミネルヴァの録音から15年が経過していることから、支援者がいない事を予想するレイですが、回線が残されていること・敵が電話に出るわけでもない事に希望を感じます。

しかし、その時、シェルターの電話が鳴りました!

エマがすぐに電話に出ますが、モールス信号を確認し、レイに代わりました。

その内容は「ワルイガ イマハ アエナイ」

「ジキ コチラカラ セッショク スル キヲツケロ」

「テキハ ピーター・ラートリー ミネルヴァノ オトウト ラートリーケ トウシュ」

この中から、合言葉を確認できたレイは本物の支援者であると認識します。

さらに、「ソコヲ ウゴクナ カナラズ ムカエニ イク」と信号が続いたのち、電話は切れてしまいます。

今の電話は録音ではなく、生きた支援者が向こうにいる事を確信したレイ。

 

感想

ラストには支援者のシルエットも出ていましたが、ピーターラートリーの部下アンドリューでは?!と読者も騒然となっているようです。

確かに、話しの途中でアンドリューは誰かにモールス信号を送っているようで…?!

内通者となって支援しようとしているのか、はたまたすでに支援者など存在せずすべてピーターの手の内なのか…。

今後の展開が怖いですね!

99話『アンドリューに見つかる?!』

電話の相手は…

電話でモールス信号を送っていた相手は、本当に支援者なのか…と未だに信用できないのが本心ですよね。

本物の支援者であれば、その言葉通りこのシェルターから動かず待つという選択ができますが…。

万が一、敵であった場合には単に居場所がバレてしまったという可能性が高くなります。

現在エマ達を探し回っている、アンドリューが登場する可能性もありますよね。

 

ピーターの一番の腹心?

アンドリューは、電話で直接ピーターに「任せたぞ」と言わせるほどですから、かなり信用されているようです。

かなり実力もあるだろうと予想されますが、何と言ってもエマ達はあのレウウィスも倒していますから、今となっては一人の人間から逃げ切るくらいなんともないのかも。

戦闘能力という意味では、ユウゴやルーカスより勝るかもしれませんが、頭脳戦と合わせれば乗り切られるのでは?と思います。

電話でピーターは、エマ達だけでなく支援者も始末しろと言っていたようですが、アンドリューがエマ達と支援者のどちらも探し出して始末する流れに…?

 

支援者の正体とは…

ラストに描かれていた支援者の後ろ姿は、フードを深く被っていてその正体はまったくわかりません。

人間の支援者である、という前提でエマ達は動いているようですが、鬼である可能性もありますよね。

鬼と人間の約束に不満や疑問を抱く鬼がいる、と考えてもおかしくないはず。

支援者が、ミネルヴァが指定した本人であるなら、すでに15年が経過しているわけですし、年齢だけで言えば本作最高齢である可能性も。

今後はこの支援者の声を頼りに、先に進んでいくことになりそうですが…。

存在がまだ確信を持てないだけに、不安が付きまとう展開になりそうですね。

関連記事:約束のネバーランドネタバレあらすじ100話「ユウゴ達のシェルターが危険」

 

99話で正体が明らかに?支援者の正体は…

ミネルヴァの録音から、ずっと頼りにしてきた支援者と連絡が取れた前回。

しかし、支援者が鬼なのか人間なのかも明らかにされていない以上、支援者の目的やこれまでの行動などもわかっていません。

 

支援する意図、そして現在までの行動の意味は…?

支援者が鬼なのか人間なのか、まだわかっていませんが、支援する意図として考えられる共通の事と言えば『優秀な人間を求めている』という事でしょうか。

鬼であっても、人間であっても、ピーターラートリーや鬼の幹部たちに近い存在である事が予想されます。

そうとなれば、エマ達の動向をはじめから監視していた、という可能性も。

この世界を破壊するためなのか、真意はわかりませんが、何等かの目的があってエマ達のような優秀な子供を求めているのかも。

となれば、これまでの試練の理由にもなります。

支援者は、今までのような試練を乗り越えられる人材を求めていたため、最終的な支援しかできないとも考えられますよね。

最近の読者の感想・考察

 

少年ジャンプ作品の最新刊を無料で読むには?

少年ジャンプ愛好家

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアなど電子書籍アプリの古株もありますが、

今私が1番オススメするのが、U-NEXT BookPlaceになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も全巻揃っていますよ!

約束のネバーランド ネタバレ 93

31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH30年8月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

まとめ

ここまで2018年8月20日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『約束のネバーランド』最新99話のネタバレ・あらすじ・感想などをご紹介しましたが、いかがでしたか?

エマの意識が回復し、子供たちも穏やかで慎ましい生活を送っていた前回。

家族が多い事を嘆くこともなく、楽しそうに日々を送っている子供たちに、ようやく支援者からコンタクトがありましたが…?!

ミネルヴァがいう「24時間以内」の連絡ではなかったことや、モールス信号が一方的に送られた事など、疑問も多いですよね。

アンドリューの手も迫ってきていますが、次回はどう展開していくのでしょうか。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事