『犬夜叉』漫画最終回の結末ネタバレ!その後の展開は?

犬夜叉 最終回 その後
スポンサーリンク
Pocket

週刊少年サンデー掲載漫画『犬夜叉』最終回結末とその後の物語のネタバレをお届けしていきます。

連載期間11年7か月を経て2008年に最終回となった漫画『犬夜叉』ですが、連載期間も長かったので、多くのファンがいましたよね。

アニメ放送もゴールデン帯に行われていましたが、漫画を途中まで見てたけど最後はどうなったのか気になりませんか?

そこで今回は、最終回のその後はどうなったのか?に焦点を当てて紹介していきたいと思いますので、気になっている方は必見ですよ。

それでは早速、週刊少年サンデー掲載漫画『犬夜叉』最終回結末とその後の物語のネタバレをお届けしていきますので、最後までご覧くださいね(^^)/


スポンサーリンク



漫画『犬夜叉』最終回 結末ネタバレ・感想

曲霊に取り憑かれ冷たい妖怪になってしまった犬夜叉ですが鉄砕牙のお陰で理性を取り戻し、かごめを救います。

四魂の玉は光を取り戻します。

奈落は人の心の弱さを狙い、弥勒と珊瑚に付け入ろうとします。

弥勒は幻とは知らず自分を犠牲にして最後の力を振り絞り、風穴を開き玉を消滅させようとしますが止められます。

弥勒を死なせたくない珊瑚は本物のりんと奈落に飛来骨を投げてしまいます。間一髪かごめの矢が奈落に届きます。

四魂の玉を吸収し強くなる奈落ですが、犬夜叉の攻撃が命中し痛手を受けます。

犬夜叉と仲間たちからの攻撃を受け、体を削られていきますが、一筋縄ではいきません。

自分と共に村を巻き添えにしようとする奈落。

 

奈落がついに最期を?

しかしかごめの矢が奈落の体の中の四魂の玉をついに捉えます。

奈落ついに死す、となりました。

ですが、その時冥道がかごめを闇の中へと連れ込みます。

四魂の玉の中に閉じ込められてしまうかごめ。

帰りたいと願えば帰れると四魂の玉に囁かれます。

心が揺れるかごめですが四魂の玉は決して本当の望みを叶えてはくれないと悟っています。

しかし闇の恐怖で正しい願いを口に出せません。

闇の中で恐怖と闘うかごめ、犬夜叉の声が聞こえます。声を聞いたため犬夜叉に会いたいと願ってしまうだろうと言う四魂の玉ですが、かごめは願わず犬夜叉を信じ待ちます。

犬夜叉は冥道の鉄砕牙でついにかごめのところへ。

四魂の玉が永遠に消えることを願い、ついに四魂の玉が消滅します。

四魂の玉が消滅し、ついにすべてが終わります。

かごめは犬夜叉と共に現代へ帰ってきます。

 

犬夜叉は元の時代に戻る?

しかしかごめを現代に届けほっとした瞬間犬夜叉は戦国時代に戻ってきてしまいます。

井戸も再び消えてしまいます。

かごめが現代に戻ってから3年の月日が経ちます。高校生活を終えます。

井戸が繋がらないのは自分の役割がお終わった為だろうかと考えるかごめです。

このまま犬夜叉のいない世界で生きていくのかと考えていました。

「犬夜叉、会いたい。」そうかごめが想うと井戸に変化が現れます。

 

最終回を読んだ感想

やっぱり最終回ならではの感動がありました。

最近のアニメでは2期ありきだったり、結末が薄かったりってのが多い気もしますが…やっぱり最終回は感動してナンボだと思います。

実に193話積み重ねてきた犬夜叉は、最終回もきっちり締めてくれました。

素直に「良い最終回だった」と言えます。

何にせよ5年越しに犬夜叉を復活させてくれたスタッフ・キャストの皆さんには感謝したいですね。


スポンサーリンク



漫画『犬夜叉』最終回のその後の展開は?

犬夜叉完結から半年後のお話!

一度完結した作品の続編は描かない主義の高橋先生ですが、この「 あれから 」は
東日本大震災の復興キャンペーンの一環として特別に書き下ろした作品のようですね!

ストーリーは…最終回から半年後。

 

最終回のその後ネタバレ

犬夜叉と弥勒が妖怪退治へ行くと、根の首という妖怪だったのだが。

同じ頃別の地で妖怪退治していた琥珀も根の首の妖怪と、殺生丸と会うことになります。

村に戻ると犬夜叉と弥勒は楓の元へ行き、弥勒が冒頭の村で見つけていた、妖怪を封印していた破魔の矢を楓に確認させていました。

それは間違いなく桔梗のもので、根の首とは50年前桔梗が封印した妖怪だったのです。

かごめ・珊瑚・りんは人払いされ、別の家に子供3人と七宝といると、かごめが何かの気配に気づきます。

「犬夜叉さまたち?」「違う、さがって!」かごめはこんなに鋭かったっけ。

根の首が戸を突き破りかごめを、桔梗と勘違いし襲ってきます。

抱いていた赤子と双子を七宝に任し飛来骨を飛ばしかごめとともに前に立つ珊瑚。逞しいお母さま。

犬夜叉・弥勒が合流する。

「私のこと、桔梗って言ってた」「な」「犬夜叉!なにコソコソ隠してるの!」

ビクつく犬夜叉だが、二言目は七宝の変化である。

危険なのでややこしい気遣いをやめ、弥勒が桔梗の話をします。

封印されていた根の首は、桔梗や四魂の玉がもうないことを知らないのです。

他にもいる根の首を退治するために、犬夜叉の背に乗るかごめ。

脂汗を垂らす犬夜叉でした。(怒ってねえのか…)(隠すことないのに…)

 

村人たちが襲われる?

襲われる村人たちに、危機に駆け付けたのは琥珀でした。

弥勒と合流する「義兄上(あにうえ)!」

琥珀は珊瑚の家に行くと、中にはりんと三人の子供。

「無事ですか!」「ああ、どういう訳かここは」

何故か襲われていなかったのです。

家から出て見ると、屋根の上には殺生丸が浮かんでいた。(守ってくれていたのか)

「琥珀、子守を頼む」「え゛」

懐かしい退治屋の服に着替え、雲母に跨り戦闘に出る珊瑚。

逞しい。

土中で増えて村人を襲い続ける根の首。

楓が桔梗の破魔の矢を撃つと、根の首が動き出します。

かごめは出所を叩くべく、犬夜叉から降り囮のようになり根の首本体を土中から引きずり出します。

「四魂の玉ごと喰ってやる~」「教えておくわ。私はかごめよ!」

犬夜叉とかごめで根の首を完全に退治する。

その二人を見て「桔梗おねえさまの力を借りずとも大丈夫」と楓が結論づけます。

一息ついて、かごめに囮になったことを怒鳴る犬夜叉は、

「絶対犬夜叉が助けてくれると思ったから」

「助けるに決まってんじゃねえか」

「うん。信じてた」

だから桔梗の話も隠さなくて良かったのにというかごめに、怒ってるかと聞くと、「怒ってない」と答えるかごめ。

ただ、「おすわり。もう少し、私のことも信じてよ」

今度は弥勒と珊瑚が二人を見て「懐かしい眺めですな」

「帰ろうか。子供たちが待ってる」

鳥が飛ぶ晴天の空の下、草原の上で遠くを見つめて寄り添って座る犬夜叉とかごめ。

犬夜叉は別に桔梗の話隠す必要は一切なかったと思います。

おまえがややこしくさせてるんだ!

犬夜叉とかごめが寄り添って座っている最後の最後のコマ。

本編中もよく見かけた光景ですけど、その時かごめは制服姿で体育座りが多かったと思うんですけど。

もうかごめは制服じゃなく巫女服で。

この、この寄り添った姿がよく見てきたけれど、最終回のあとだなぁと思いました。


スポンサーリンク



漫画『犬夜叉』最終回に対するSNSの声は?

 

漫画『犬夜叉』最新刊を無料で読むには?

少年ジャンプ愛好家

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアなど電子書籍アプリの古株もありますが、

今私が1番オススメするのが、U-NEXT BookPlaceになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も全巻揃っていますよ!

犬夜叉 最終回

あなたの好きな漫画のアニメなんかも観れちゃいますよ!

beck 漫画 最終回 その後 ネタバレ

今なら31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH30年7月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

まとめ

週刊少年サンデー掲載漫画『犬夜叉』最終回結末とその後の物語のネタバレはいかがでしたでしょうか?

犬夜叉の最終回に関しては理想的な終わり方でしたよね。

この終わり方でしたらファンの方々も納得でしたでしょうね!

また、最終回のその後もしっかりと描かれており、さらに楽しめる内容になっています。

最終回から半年後の世界が描かれていますので、気になる方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク