ハイキュー!! 311話

本記事では、2018年7月23日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話311話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

前回310話では、日向のスパイクがアウトになってしまった事に本人も何が起きたのか分かっていない状況でした。

これが研磨の作戦通りだったとは、この時は理解できていないでしょう。

研磨は日向に助走をさせない様、動線を断つ事を宣言します。

最新話の311話は、研磨の作戦が爆発する予感。

このままにしてはおけない烏野。

月島&影山の作戦で立て直すことが出来るでしょうか?

それではみなさん、2018年7月23日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話311話のネタバレ・あらすじ・感想を最後までしっかりとご覧ください!

 

ミーティングでの「ブロック3枚とも翔陽にコミットして。多分、頃合いだから。」という研磨の発言!

読み深すぎですね!

前回の要点まとめ

リエーフの高いブロックを敬遠した日向のスパイクが、サイドラインを割ってしまいました。

「あれっ」

「へっへーん!日向俺にビビったんだろ!」

「ニャニヲッ!?ちっげーし!!」

「違わねえ。もっと落ち着けボゲ。」

2人のやり取りに影山が一喝します。

音駒 12-15 烏野

福永のサーブです。

前を狙っていきますが、リベロ西谷がきっちりレシーブで受けます。

そして田中が強烈なストレート!

これを海が拾います!

乱れますが、研磨が回り込んで山本に!

山本のアタックはブロックにワンチ!

西谷が飛び込んでカバー!!

烏野も繋ぎますが乱れてしまっています。

日向のスパイクに山本、リエーフ、研磨の3枚ブロック!

ブロックされた球は烏野コートに落ちました。

音駒にブロックポイントが入ります。

音駒 13-15 烏野

ここで烏野高校が1回目のタイムアウトを取ります。

リエーフは研磨に言われていたことを思い出していました。

「次、烏野が攻撃する時、翔陽が万全の態勢で助走に入ったら、ブロック3枚とも翔陽にコミットして。

多分、頃合いだから。」

烏野のミーティング。

西谷が言います。

「翔陽に直接取らすだけじゃない。俺の事も使ってやがる。」

2セット目の最初、翔陽が自分で拾って更にブロードを仕掛けた。

しかし同じローテ、そして俺にあの位置で取らすことで翔陽がライトへ走る助走路を塞いだ。

確実に狙ってきている。

徹底した日向潰しを仕掛けてきているという事。。

戻って音駒のミーティングの場面。

リエーフの発言です。

「日向が十分に助走を取れないなって思う場面は何回もあった。

そうなるとブロック絞りやすい。」

研磨が返します。

「翔陽も多分それを感じてて、絶対にいら立ちとか焦りは出てくる。

跳ぶの大好きな翔陽・・・

勢い余ったブロックのタッチネットは偶然じゃない。

さっきの力んだアウトでより明確になった。

そしてセッターならスパイカーのミスをそのままにしたくない。」

「だから、タイミングさえ来れば、翔陽に上がると思った。」

研磨はさらに続けます。

「どんな攻撃も全部封じるなんて不可能。

烏野のいつもならきっと決めてた数本を削れればいい。

その小さなストレスの積み重ねが1本のミスに繋がるかもしれない。

それが2本・3本になればいい。

点だけじゃなく、線。

翔陽の動線を断つ。

助走は、翔陽の翼だね。」

日向は研磨の籠の中に閉じ込められてしまったのでしょうか?

 

「研磨さんて・・・コワイ・・・」

リエーフがこう言うのも頷けます!

研磨、策士すぎます!!

 

感想

研磨の日向潰れてもらおう作戦が明らかになりましたね。

  1. 日向にレシーブさせる
  2. 前夜のミーティングで日向が攻撃するのに必要なのは助走だと分析
  3. 西谷にネット際でレシーブさせ、日向の助走路を防いでしまう

これを全て研磨一人で考えていたとは・・・。

あの無表情は虎視眈々と日向を分析し、作戦を実行する機会を伺っている顔だったんですね。

怖いです。

これから研磨の思い描いた通りのシナリオとなるのでしょうか?

 

311話『カラスの翼を奪う』

 

研磨の作戦をすり抜けたい烏野

日向と影山の速攻は、いわば烏野の代名詞。

それを防いでしまえば、烏野の攻撃力は明らかに低下してしまいます。

そして、それがないとなれば音駒はより守りやすくなります。

これだけ守備の強い相手に、攻撃力が弱くなるという事は致命傷になりかねません。

影山と日向は、音駒のこの戦略を見抜いた上で更に上の手法で反撃していくでしょう。

そのために、烏野全体でそれに合わせた攻撃に切り替えるのではないでしょうか?

日向は短い助走で翔ぶことが出来るのでしょうか。

 

シナリオ通りに進め始めた研磨

『小さなストレスの積み重ねが1本のミスに繋がるかもしれない。

それが2本・3本になればいい。

点だけじゃなく、線。

翔陽の動線を断つ。』

こう言って思い描いた試合運びに誘導し始めた研磨。

周りが怖い・・・。と怖気付いているのが分かります。

烏野は少しでも今までの試合と異なる動きができれば、研磨の分析パターンからは外れます。

音駒としても余裕があるわけではありません。

徐々につめながらも、烏野にリードを許す状況が続いています。

まずは烏野に研磨の想定通り試合をさせる事。

これが重要になるでしょう。

 

烏野の策士、月島。

日向が悔しい思いをしているのは周知の通りでしょう。

しかし、研磨の様に分析するタイプではありません。

それでも影山はまた日向とは違ったタイプです。

狙いを理解し、何をすればいいのか分かるのではないでしょうか?

月島も同じ。

日向の攻撃を封じられて苦しんでいる状況であれば、月島のブロックを相手が嫌がる様に行えばいいのです。

月島は、研磨の事を顔にでる性格だと言っていました。

ここからの想定外を生み出すのは、影山や日向ではなく月島となるでしょうか。

 

311話は影山回となる?!

 

烏野の頭脳、影山飛雄

もう一人の主人公と言われる程人気の高い影山飛雄。

影山は、『コート上の王様』と呼ばれるほど身体能力が高く、現時点で全キャラの中で能力パラメーターが一番高いです。

主人公にとっては絶好のライバル相手となる訳ですが、影山には相手チームに知られてはいけないのではないか、という事実が隠されています。

能力パラメーターには、『頭脳』という項目があって、影山は5段階中5と最高を獲得しています。

ちなみに研磨は2ですので、これだけ見ると楽勝、ということになりますね。

しかしそれは「あくまでもゲームメイク能力であり、学力とは関係ない」とという事。

学力が低いからといって相手に低くみられるのでは?と懸念されますが、試合運びに関しては天才的ですので、逆にそう思わせておいてもいいのかもしれませんね。

月島と協力して、研磨の誘導通りになろうとしている試合のペースを取り戻して欲しい!

関連記事:ハイキューネタバレあらすじ312話「烏野のメンバー覚醒」

 

最近の読者の感想・考察

 

少年ジャンプ作品の最新刊を無料で読むには?

少年ジャンプ愛好家

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアなど電子書籍アプリの古株もありますが、

今私が1番オススメするのが、U-NEXT BookPlaceになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も全巻揃っていますよ!

ハイキュー ネタバレ 308

あなたの好きな漫画のアニメなんかも観れちゃいますよ!

ハイキュー ネタバレ 308

31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH30年6月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

まとめ

 

2018年7月23日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話311話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介してきましたがみなさんいかがでしたか?

いよいよ研磨の作戦が発動となりました。

その内容にメンバーも引き気味ですが・・・笑

日向の動線を終わりまで断つことになってしまうのでしょうか?

ここまで来たら、どちらが勝ってもおかしくないですね!

それではみなさん、最後までご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事