ハイキュー!! 310話

本記事では、2018年7月14日発売の週刊少年ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話310話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

前回309話では、田中と山本、福永ら一見脇役かと思われる彼らの活躍が目立つ回となりました。

田中のノリに乗った攻撃に山本も嫉妬を覚える程ですが、良い所を素直に認め、戦い合える姿は青春ですね〜笑

最新話の310話では、音駒の日向の速攻潰しを狙う作戦が徐々に効果として現れてきている様です。

好調だった日向ですが、作戦にはまってしまうのでしょうか?

それでは早速、2018年7月14日発売の週刊ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話310話のネタバレ・あらすじ・感想を最後までしっかりとご覧ください!

 

「あれっ」

日向自身も何が起こったのか分からない様な意外な失点でした。

これが何を意味するのか、本誌を要チェックですね!

前回の要点まとめ

烏野側、ブロックでポイントを取りますが、まさかの日向、タッチネットで烏野ではなく音駒にポイントが入ってしまいました。

「このブロックで更に勢い付くか烏野」

「おっとこれはーどうやら日向翔陽もタッチネットがあったようですね 音駒命拾い」

実況が解説する中、音駒高校のセッターである研磨は静かに集中を保ちます。

タッチネットになってしまったものの、日向のブロックに、音駒のリエーフは素直にほめます。

「日向スゲーな!」

「おれはとべる」

「結果はタッチネットだけど!猛虎さんをビビらしたぜ!」

再び試合が再開し、今度は音駒高校の孤爪から試合が始まります。

音駒のサーブから速攻潰しのために日向を狙う作戦は、すでに烏野側も気が付いています。

そのため、澤村がしっかりとカバーしてみせました。

そして、田中のスパイクが打ち込まれますが、山本とリエーフにブロックされてしまいます。

しかし、なんとかアウトになり、烏野高校にポイントが入りました。

10ー7

「灰羽リエーフ速いっ!!そして高いっ!!」

「しかしこれはアウトです 烏野のポイント」

「速い攻撃にもしっかり2枚揃えてきますねぇ」

「両校ブロックの精度も上がってきています」

サーブ権が烏野側に移り、田中のサーブで試合が始まります。

ノータッチサービスエースで、烏野高校に更なる勢いをつけました。

山本だけは田中を褒めます。

「・・・すげえ奴だぜ龍之介・・・!」

「最初は「何だこの頭悪そうなボーズは」って感じだったのに」

「でもすぐにわかったぜ」

「髪型は俺の方がかっこいいがお前の中身は最高に男前だって」

「だから負けたくねえ」

「負けられねえ」

2回目のサーブも田中は思いっきり攻めますが、今度はライバルの山本がしっかりと完璧なレシーブを決めます。

「そして俺には勝たなきゃならねえ奴がもう一人居る」

山本の完璧なレシーブによって上げられたボールで、音駒高校の福永がきれいなバックアタックを決めます。

「淡々と地味なスーパープレイをカマす招平に俺は負けるわけにいかねえんだ」

試合の流れをさらに持って行くために、日向のピンチサーバーとして、山口が試合に参加します。

実況

「烏野はここでリリーフサーバー山口忠を投入します」

山口は自分が全国大会でわくわくしている気持ちに気づいていました。

そして、完璧なジャンプフローターサーブを打ちますが、音駒高校側は福永が反応します。

福永も完璧なレシーブを上げ、山本のスパイクによってポイントが決まりました。

「万能の”両翼”が烏野の猛攻を阻むー!!!」

12ー9

そして日向がコートに戻り、試合再開となりました。

ブロックでワンタッチし、すぐさま速攻を狙いに行きます。

日向はボールを捕らえ、スパイクを打ち込みに行きますが、そこでリエーフの手が目に移ります。

日向が打ったボールはまさかのサイドアウトとなったのです。

 

感想

両チーム、お互いを意識しまくり!

ライバル同士、触発されて好プレーが出ています。

相手チームのことを褒めてくるあたり、スポーツマンシップだなぁ、と感じました!

そんな中、日向のリズムがおかしくなっていますね。

研磨の意味ありげなカットが時折入ってくるのですが、その辺り気になります!

何か仕掛けてくるという事なんでしょうかね?

 

研磨は表情で全てを語りますよね!

頭の中の作戦から何を選んで攻撃してくるのでしょうか?

310話『研磨の作戦』

 

裏エース・田中のサーブが会場を唸らせる!

笛と同時に研磨はサーブを打ち出しますが、このリズムを早めていく感じが烏野にとっては地味にイヤな感じです。

お互いの技に触発され、どんどん試合が加速していく様です。

田中の強烈なサーブがエンドラインギリギリに決まります。

東峰、影山に続いて裏エース・田中龍之介のサービスエース!

田中がノッてきた事で、研磨は渋い顔になります。

猫又監督も、「んん~予想以上っ・・!」と田中に感心している様です。

山本も中身が最高に男前な田中に負けたくないとライバル視し、嫉妬するほどです。

 

山本のもう一人のライバル・福永の活躍!

山本の完璧なレシーブによって上げられたボールで、きれいなバックアタックを決めた福永。

山本はもう一人のライバルだとして、福永にも嫉妬を覚えていました。

淡々と地味なスーパープレイをカマす招平に負けてはいられないと、一人闘志を燃やしていました。

しかし烏野側が山口を投入、完璧なジャンプフローターサーブを打ち込んできますが福永が反応、山本のスパイクで点が決まります。

ライバルとしながらも烏野に向かう気持ちは一つ!

いいコンビネーションを見せます。

 

研磨の『誘発』?!日向のスパイクがまさかのアウトに!

山口がベンチに下がってから、試合は一進一退の攻防に戻ります。

互いに繋ぎ、簡単には得点を許さない展開に。

リードを保っている烏野ですが、ここで日向が前衛に上がってきます。

日向は好調ということか、灰羽のスパイクをワンチで弾きチャンスを作ります。

そして流れるように攻撃に参加、ブロックも良く見えている様です。

完全に決まると思ったスパイクでしたが、結果はアウトに!

日向も「あれっ?」とボールを目で追います。

これは研磨の作戦通りに誘発されてしまったのでしょうか?

 

310話ではどうなる?日向 翔陽に注目!

決まると思ったスパイクがまさかのアウトになり、何が起こったのか分からない様な状況になりました。

これから変人速攻が出たりするのでしょうか?

今回はその変人速攻について振り返ってみたいと思います。

 

発動なるか?『変人速攻』!

「変人速攻」とは、日向翔陽と影山飛雄のコンビプレーです。

全力で飛んだ日向のスパイクポイントを影山が予測し、ピンポイントで高速トスをし、日向が全力スイングすることで成り立つプレーの事です。

この速攻は、影山がトスを上げる瞬間にはすでに日向はジャンプの踏切が完了しています。

バレー部の入部を賭けた澤村・月島・山口対田中・影山・日向の試合で、澤村や菅原の助言を得た影山が、バレー技術で素人なのにも関わらず反射神経と運動神経が高い日向をどうにか活かそうとした事がきっかけで生まれました。

後にコーチとなる烏養繋心が、初めてこの速攻を見て「サイン無し」「合図無し」でこんなプレーをする2人を「変人」と呼称した事で「変人速攻」と呼ばれるようになりました。

「神業速攻」と呼ばれたり、他にも「変人トス&スパイク」「バケモノ速攻」「トンデモ速攻」「超速攻」と色々な呼び名で呼ばれています。

変人速攻は合図で敵側にばれてしまうという欠点があった様ですが、今回は発動となるのでしょうか?

もしかして研磨の計算通り、誘発されているものだとしたら・・・。

研磨の作戦勝ちもあるのかもしれませんよね。

発動されて気持ちよく決まる事を期待したいです!

関連記事:ハイキューネタバレあらすじ311話「研磨のシナリオ通りに進み始める」

最近の読者の感想・考察

 

少年ジャンプ作品の最新刊を無料で読むには?

少年ジャンプ愛好家

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアなど電子書籍アプリの古株もありますが、

今私が1番オススメするのが、U-NEXT BookPlaceになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も全巻揃っていますよ!

ハイキュー ネタバレ 308

あなたの好きな漫画のアニメなんかも観れちゃいますよ!

ハイキュー ネタバレ 308

31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH30年6月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

まとめ

2018年7月14日発売の週刊ジャンプ掲載漫画『ハイキュー!!』最新話310話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介してきましたが、みなさんいかがでしたか?

好調かと思われた日向のスパイクがアウトになり、研磨の表情が気になります。

時折登場した研磨のカットの意味もかな〜り意味深ですよね!

最新話が掲載されている週刊ジャンプは今週土曜日、7月14日発売です!

お見逃しなく!!

それではみなさん、最後までご覧いただき、ありがとうございました!

おすすめの記事