shokugeki-no-soma-netabare-270

本記事では、2018年7月9日発売の週刊ジャンプ掲載漫画『食戟のソーマ』最新話270話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

前回の269話では、田所の料理の内容が明らかに!

地元の食材で攻めるかと思われていましたが、なんと・・・『〇〇ランチ!』

まさかの展開に驚愕する一同。

最新話の270話では、温泉従業員失踪事件に決着が!

お仕置きの後はどうなってしまうのでしょうか?

それではみなさん、2018年7月9日発売の週刊ジャンプ掲載漫画『食戟のソーマ』最新話270話のネタバレ・あらすじ・感想を最後までしっかりとご覧ください!

 

田所の「誰かにただ優しく包み込んで欲しかったんじゃないですか?」にモナールカも撃沈!

まさかの幼児退行・・・。

この後の展開は?

要点まとめ

田所が出したのは驚きの一品でした。

十傑の勝負料理がまさかのお子様ランチにさすがの女将も驚いています。

「この旅館だからこその料理を出すんじゃなかったのか!?」

この一皿に生活や命がかかっている訳ですから必死です。

しかし、マイペースな田所はその質問に対しても「そうですよ?」と普通の対応です。

ますます困惑する女将。

板長は乙鳴旅館の食材を使用したまでは理解しましたが、お子様ランチでモナをどうやって唸らせることができるのか不思議そうにするばかりでした。

モナも同様に『真夜中の料理人』に子供向けの食事を出してバカにしているのかと激昂します。

そんなことはないと弁明、頑張って作ったので「どうぞお召し上がりください!」とすすめます。

フンと一瞥し、田所の料理を口に運ぶモナ。

味を噛みしめしばしの沈黙、そしてモナの表情が一変します。

気が付くと、モナは緑の静けさ、川のせせらぎなど具現化した景色の中にいました。

料理に使われた素材の背景が見えてきます。

その様子に驚いた女将たちも例のカレーを食べてみます。

その他にも醤油を隠し味に使うなど、子供から大人まで美味しく感じられるようにまろやかに仕上げたという事。

美味しいこと以上に、モナは衝撃を受けています。

「故郷の味ダ・・・・!」

実はその料理はカレーではなく、『ガンボ』というメキシコの代表的な家庭料理で、スパイシーでとろみのあるスープをご飯にかけて食べるようです。

見た目はカレーに似ていますが、カレー粉を使わずオクラなどでとろみを付けるのが特徴。

田所は、なぜモナの故郷が分かったのでしょうか?

マジックを使ったのか、と真剣に聞くモナ。

モナの語尾のイントネーションや服装で出身地を想像し、子供の頃に食べたであろう故郷の味を再現したという事。

どうやら田所は十傑に入ってからこの数ヶ月、たくさんの外国巡りをした様です。

それでもまだモナは納得できていません。

故郷の味を出されただけでなぜ圧倒されるのか?

その問いに田所が答えます。

モナが求めていたものは、王様として君臨することではないのでは?

なぜ一流ホテルではなく、日本の温泉街が好きなのか。

それは温泉街が懐かしい故郷を思い出させるから。

その話を聞き、モナも認めざるを得ませんでした。

「あなたを癒してくれる大切な場所」

「それを自分で傷つけたりしちゃ・・・めっ ですよ!」

 

感想

まさかのモナ、幼児退行とは・・・驚きでしたね〜笑

お客様に合わせた家庭の味を即座に見抜き、提供出来るスキルを身につけている田所!

これは強力です!

今後の食戟がものすごく有利に運ぶのではないでしょうか?

田所さんの底知れぬ母性に期待大ですね!

ところで、そろそろえりなも登場するでしょうか?

お仕置きしないといけませんからね!!

 

270話『温泉宿、再建へ!』

 

心を開いたモナ!バブみで白状するか?

これでモナは憑き物が落ちたように田所に心を開くんでしょうね!

消えた旅館の従業員たちの行方も気になります。

モナもその辺りは全く気にしていない様でしたので・・・。

料理修行の旅に出たのでしょうか?

食戟は一件落着したので、そろそろポツポツ帰ってくる様な気もしています。

それと大事な事は、モナは「誰から食戟の情報を入手したのか?」という事ですね。

モナが田所を何者だと問う場面がありました。

これで組織的な情報の共有はない事が分かります。

これらの疑問については、バブみで改心したであろう?モナの口から聞くことができるでしょう。

 

どうして『和』の素材を使わなかった?

268話で桂むきした大根や捌いた魚は一体どこに消えてしまったんでしょうか?

考えられる可能性としては・・・

  • お子様ランチの中に入っている?
  • 途中で路線変更した?

田所の前回の着物姿で「失礼します」と登場したシーンや、この旅館でしか出せない味を出したい、と言ってたあたりからも完全に和食のイメージでいたので本当に驚きの結末でした!

まだ隠された料理があるのでしょうか?

今後の展開に注目ですね!

 

えりなの登場はないのか?

今回、えりな様が登場してモナにお仕置きをしてくれるのかな、と思われてましたが、田所が代わってお仕置き、となったようですね。笑

このエピソードでは、学園に残ったまま成り行きを見届ける、という解釈でいいのでしょうか?

どこかでえりな様の登場を期待しているのですが、失踪した料理人を引き連れて登場、とかないでしょうかね?

温泉街の再建をえりな様が創真、田所と共に引き受ける、とか?

そこでまた食戟繰り広げられることにでもなったら、話としては広がりそうですが・・・。

はたまた新しいエピソードとなるでしょうか?

最新話に注目です!

 

270話でやっと会える?『薙切えりな』とは?プロフィールをおさらい!

薙切えりなは家庭環境や、自らの生まれ持った味覚など、恵まれた境遇や才能から、極度なまでのプライドの高さや、エリート意識を持っている女の子です。

そのため、昔から付き人以外に親しい友人はいませんでした。

料理には高級な食材による美食を追及した徹底的なセレブ思考の品のみ求めており、大衆食堂に出てくる庶民的な料理や食材等は頑なに否定しています。

これには実の父による教育の影響をかなり受けていたためたとされています。

えりなは神の舌を持ち、この才能から幼児でありながら日本中の有名店に味見役を任され、下した評価が料理界での運命を決定づけていた。

この才能は乳児のころから人間離れしており、「目隠しして利き塩を行い、名称を全て言い当てた。」「離乳食は学園の主任講師を総動員して作らせたものしか口にしなかった。」など、数々の逸話の持ち主でもあります。

また調理の実力も非常に優れており、卒業生の十傑である堂島からも「遠月学園開闢以来最高傑作の化け物になれる素材」と評されるほどで、その実力は学外にも広く知れ渡っています。

263話の食戟では勝者となり、遠月学園の次期総裁の地位を手に入れました。

セレブ思考だったことから、モナ様との食戟が期待されましたが、そこは田所との対決になりましたね。

改心したモナとえりな様は追うことがあるのでしょうか?

 

今後、創真との恋愛模様も描かれることになるのでしょうか?

田所との三角関係も気になります!

 

関連記事:食戟のソーマネタバレあらすじ271話「黒幕は城一郎?!」

 

最近の読者の感想・考察

 

少年ジャンプ作品の最新刊を無料で読むには?

少年ジャンプ愛好家

eBookJapan・Renta!・コミックシーモアなど電子書籍アプリの古株もありますが、

今私が1番オススメするのが、U-NEXT BookPlaceになります。

漫画・雑誌だけでなく、ドラマ・映画・アニメなども楽しめてしまうマルチアプリサービスになります。

もちろん、あなたの読みたい作品も全巻揃っていますよ!

食戟のソーマ ネタバレ 269話

あなたの好きな漫画のアニメなんかも観れちゃいますよ!

食戟のソーマ ネタバレ 269話

31日無料お試しキャンペーン実施中という事で、私も無料登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

31日無料お試しキャンペーンがいつ終わってしまうのかは、分からないため、この機会に利用してみて下さいね。

本ページの情報はH30年6月時点のものなので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認してみて下さいね。

>>U-NEXT公式HPはこちら<<

 

まとめ

 

2018年7月9日発売の週刊ジャンプ掲載漫画『食戟のソーマ』最新話270話のネタバレ・あらすじ・感想をご紹介してきましたが、みなさんいかがでしたか?

モナ様のバブみ!

引きました〜〜笑

優しく包み込む田所さんは天使級の優しさの持ち主ですね。

モナ様の事件も解決に向かっていますので、270話ではまた新たな事件が起こるかもしれませんね!

またまた面白くなってきそうです!

それではみなさん、最後までご覧いただき、ありがとうございました!

おすすめの記事